2月9日の放送
村山斉の宇宙をめぐる大冒険
宇宙の始まりを探る

私たちはどこから来たのか、この世はどうやって始まったのか・・・。
人類が何千年も考えてきた大きな謎に、世界が注目する東大の人気物理学者・村山斉が体当たりで挑む!ハワイ、タイ、アメリカ、スイスなど、世界の絶景地で数々の実験を交えながら、宇宙の始まりと未知の物質ダークマターの正体に迫っていく!
さらに10代の視聴者から寄せられた宇宙に関する疑問・質問に村山先生が徹底回答。宇宙の神秘と謎を解き明かしていく。

http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/1861/2120171/index.html

  • 放送日時
  • 2月9日(木)午後10時00分~
  • 2月16日(木)午前0時00分~(再)

もっと知りたい!
Q & A

ビッグバンの証拠を発見したウィルソン博士について

ロバート・ウィルソン博士は、ハーバード・スミソニアン天体物理学センター所属しています。同僚のペンジアス博士とともに、衛星通信に使われていたベル研究所(アメリカ・ニュージャージー州)のホーンアンテナを銀河系の研究に転用しようとしたところ、あらゆる方向から発生源がわからないノイズをキャッチ。そのノイズが何なのかを追求し、ビッグバンの証拠であることをつきとめました。この発見は、1978年、ノーベル物理学賞を受賞しています。

ダークマターはどんな物質か?

まだ、どのような物質かは特定されていません。見ることも、触ることもできませんが、宇宙空間に大量に存在し、強い重力が働いていることが様々な観測から明らかになっています。物質の最小単位とも言える素粒子は、今のところ、17種類あることが確認されていますが、ダークマターもそのような素粒子の仲間だと考えられています。計算によると、ダークマターは宇宙全体の原子の5倍の量、存在すると考えられています。