人物相関図 Characters

安子編 るい編 ひなた編
  1. 橘 家

  2. 雉真家

  3. 岡山の街の人々

    豆腐屋「水田屋とうふ」

    荒物屋「あかにし」

    喫茶店
    「Dippermouth Blues」

  4. 物語を彩る人々

  • 雉真家
  • 橘 家
  • 岡山の街の人々
  • 物語を彩る人々

雉真家

  1. 雉真 安子

    雉真 安子
    上白石 萌音

    1925年3月22日、日本でラジオ放送が始まった日、岡山市内の商店街にある和菓子屋「たちばな」で生まれる。御菓子司「たちばな」の看板娘で、あんことおしゃれが大好きなごく普通の女の子。ラジオ講座をきっかけに英語を学び始める。

  2. 雉真 稔

    雉真
    松村 北斗(SixTONES)

    家業である繊維業を海外に展開させることを志す大学生。地元で有名な名家・雉真家の跡取りで英語が堪能な好青年。稔との出会いが安子の運命を動かしていく…。

  3. 雉真 勇

    雉真
    村上 虹郎

    安子の小学校からの同級生で甲子園を目指している野球少年。兄の稔を尊敬している。安子へ好意があるのか素直に優しくできず、いつも何かと安子にちょっかいを出している。

  4. 雉真 千吉

    雉真 千吉
    段田 安則

    岡山で雉真繊維を一代で築き上げた地元でも知られる実力者。跡継ぎの稔と一緒にさらに事業の拡大を目指している。

  5. 雉真 美都里

    雉真 美都里
    YOU

    稔と勇の母。良家のお嬢様育ちで気品があり、いつも華やか。息子たちを愛するがゆえに、安子にとって大きな壁となっていく。

  6. 村野 タミ

    村野 タミ
    西川 かの子

    雉真繊維を営む名家・雉真家に仕える女中。常に明るく雉真家の人々の日常を支える。

  7. 雪衣

    雪衣
    岡田 結実

    雉真家に仕える女中。控えめな性格だが、よく気がつく働き者。とある理由から、安子に対して複雑な思いを抱くようになる。

橘家

  1. 橘 算太

    算太
    濱田 岳

    橘家の長男で安子の兄。家業である和菓子屋の修業をはじめるも全く興味がなく、何度も父・金太と衝突する。

  2. 橘 金太

    金太
    甲本 雅裕

    実直な性格で演芸好きな安子の父。御菓子司「たちばな」の二代目大将でお店のあんこの味を大切に守っている。

  3. 橘 小しず

    しず
    西田 尚美

    いつも家族みんなの幸せを願う心優しい安子の母。金太と一緒に御菓子司「たちばな」を切り盛りしている。

  4. 橘 杵太郎

    杵太郎
    大和田 伸也

    御菓子司「たちばな」の初代大将で安子の祖父。職人気質で金太や職人たちには厳しいが安子にはめっぽうあまい。

  5. 橘 ひさ

    ひさ
    鷲尾 真知子

    しっかり者で頭の回転が早く、動じない安子の祖母。ひさのおしるこは絶品で御菓子司「たちばな」のあんこの原点である。

岡山の街の人々

  1. 柳沢 定一

    柳沢 定一
    世良 公則

    こだわりのコーヒー、そしてジャズが流れる喫茶店『Dippermouth Blues』を営む。ジャズをこよなく愛し、海外のめずらしいレコードを数多く集めている。

  2. 柳沢 健一

    柳沢 健一
    前野 朋哉

    喫茶店『Dippermouth Blues』を営む定一の一人息子。父とともに店を切り盛りしている。

  3. 水田 きぬ

    水田 きぬ
    小野 花梨

    ちょっとクールでしっかり者でいつも安子を応援してくれる幼なじみの親友。御菓子司「たちばな」と同じ商店街にある豆腐屋「水田屋とうふ」の娘。

  4. 水田 卯平

    水田 卯平
    浅越 ゴエ(ザ・プラン9)

    御菓子司「たちばな」と同じ商店街にある豆腐屋「水田屋とうふ」の店主できぬの父。安子を温かく見守り、金太と一緒に地元商店街を盛り立てる。

  5. 水田 花子

    水田 花子
    小牧 芽美

    卯平の妻で、家庭的でとても明るい性格。一緒に「水田屋とうふ」を切り盛りしている。

  6. 赤螺 吉兵衛

    赤螺 吉兵衛
    堀部 圭亮

    御菓子司「たちばな」と同じ商店街にある荒物屋「あかにし」の店主。町内でいち早くラジオを入手していた。とにかくケチな性格から、周囲からのあだ名は「ケチ兵衛」。

  7. 赤螺 清子

    赤螺 清子
    宮嶋 麻衣

    優しくてひかえ目な吉兵衛の妻。ケチな吉兵衛のいいところを知っていて、妻としてしっかり支える。

  8. 赤螺 吉右衛門

    赤螺 吉右衛門
    石坂 大志

    吉兵衛の息子。たちばなの御菓子が大好物で吉兵衛と一緒によくたちばなへ。吉兵衛が感心するほどの冷静沈着なしっかり者。

物語を彩る人々

  1. 桃山剣之介

    桃山剣之介
    尾上菊之助

    日本映画界を率いる銀幕の大スター。
    時代劇映画の「棗黍之丞(なつめ・きびのじょう)見参」が大ヒットし、シリーズ化される。清新な演技と甘いルックスを兼ね備え人気を不動のものとする。デビュー作の「桃から生まれた剣之介」からモモケンの愛称で親しまれる。

  2. 平川 唯一

    平川 唯一
    さだまさし

    終戦後まもなく放送されたNHK ラジオ英語講座「英語会話」、通称「カムカム英語」の人気講師。「証城寺の狸囃子(たぬきばやし)」のメロディーに「カムカムエヴリバディ」の歌詞をつけたオープニング曲が人々の心をひきつけ英語ブームを巻き起こした。

  3. 小川 澄子

    小川 澄子
    紺野 まひる

    安子が大阪で出会う主婦。ラジオで平川唯一の「カムカム英語」を家族みんなで聴くのが日課。ひょんなことから安子を手助けすることに…。

  4. こわもての田中

    こわもての田中
    徳井 優

    ある日突然、橘家に押しかけてくるこわもての借金取り。安子の兄・算太と何か関係している。

  5. 小椋 くま

    小椋 くま
    若井 みどり

    大阪の大学に通う雉真 稔の下宿先「おぐら荘」の大家。おせっかいな性格で、稔と安子の関係性を見守っている。のちの安子の人生を強く後押しすることに…。

  6. 神田 猛

    神田
    武井 壮

    帝国軍人。海軍主計中佐。雉真繊維の製品品質を高く評価し、取り引きをおこなってきた。戦争が近づくなか、雉真繊維にさらなる軍服の製造発注を依頼する。

  7. ロバート・ローズウッド

    ロバート・ローズウッド
    村雨 辰剛

    進駐軍の将校。日本で英語が通じず困っているところを、安子に助けられる。ラジオ英語講座で英語を学んだ安子にとって、ロバートとの出会いが大きな転機となる。

  • 雉真家
  • 橘 家
  • 岡山の街の人々
  • 物語を彩る人々
  1. 竹村クリーニング店

  2. ジャズ喫茶 Night and Day

  3. 大阪の街の人々

  4. 物語を彩る人々

  • 竹村
    クリーニング店
  • ジャズ喫茶
    Night and Day
  • 大阪の
    街の人々
  • 物語を
    彩る人々

竹村クリーニング店

  1. 雉真 安子

    雉真 るい
    深津 絵里

    安子の娘として雉真家に生まれ、18歳まで岡山で育つ。とある理由から“自分らしく自由に生きていきたい“と願い、岡山を飛び出し、大阪へ。ひょんなことからクリーニング店を営む夫妻と出会い、住み込みで働きながら新しい生活を始める。テキパキと仕事をこなす働き者で、すぐに店の看板娘となる。一度こうと決めたら曲げない性格は母・安子譲り。

  2. 竹村 平助

    竹村 平助
    村⽥ 雄浩

    大阪・道頓堀に店を構える「竹村クリーニング店」の店主。仕事は丁寧でアイロンの腕前に自信がある。人情に厚いが、どこかわきが甘く、和子の尻に敷かれている。ひょんなことから、るいを店に迎えることになる。

  3. ⽵村 和⼦

    ⽵村 和⼦
    濱田 マリ

    夫・平助とともに「竹村クリーニング店」を営む。平助とのやりとりはまるで、夫婦漫才のよう。住み込みで働くるいのことを娘のようにかわいがり、その成長をあたたかく見守っている。

ジャズ喫茶 Night and Day

  1. 大月 錠一郎/ジョー

    大月 錠一郎/ジョー
    オダギリジョー

    るいが働くクリーニング店に客として訪れる、謎の男。名前も住所も分からず、すぐ消える。いつもシャツには同じ汚れをつけており、背広から下着まで大量の洗濯物を置いていく。錠一郎のつかみどころのない言動や行動が、るいを戸惑わせる。やがて、錠一郎との出会いが、るいの運命を動かしていく。

  2. ベリー

    ベリー
    市川 実日子

    錠一郎にほれている女子大生。どうやら良家の令嬢らしい。ジョーとるいの関係に気もそぞろ。るいに対して、敵対心むき出しで迫ってくる。

  3. トミー

    トミー
    早乙女 太一

    木暮洋輔の営むジャズ喫茶を拠点に活動するミュージシャン。追っかけのグルーピーもいてアイドル的な人気がある。クリーニング集配に訪れるるいにちょっかいをかけてくるかなり調子のいい男。

  4. 木暮 洋輔

    木暮 洋輔
    近藤 芳正

    錠一郎の出自や、どうやら過去をしっているらしい。るいのクリーニング店の得意先となる。

大阪の街の人々

  1. 片桐 春彦

    片桐 春彦
    風間 俊介

    ⽵村クリーニング店の客。親しくなったるいを映画に誘うが・・・。

  2. 西山 太

    西山
    笑福亭笑瓶

    竹村クリーニング店の近所にある映画館の館主で町内会長。戦後日本の最大の娯楽は映画だった。そして、平助とともに時代劇談義に花を咲かせる西山だが、東京オリンピックが近づく中で、テレビがますます普及。映画館の客入りが減り、西山の小言も増えてくる。

物語を彩る人々

  1. 笹川 光臣

    笹川 光臣
    佐川 満男

    東京の芸能事務所の社⻑。関⻄で有望なミュージシャンを選ぶコンテストを主催する。

  2. 笹川 奈々

    笹川 奈々
    佐々木 希

    笹川光⾂の娘。ササプロ主催のコンテストで、⽗とともにNight and Dayを訪れる。

  3. 磯村 吟

    磯村
    浜村 淳

    名物ラジオパーソナリティー。ジャズに詳しく、業界でも⼀⽬置かれる存在。

  • 竹村
    クリーニング店
  • ジャズ喫茶
    Night and Day
  • 大阪の
    街の人々
  • 物語を
    彩る人々
  1. 大月家

  2. 条映太秦映画村の人々

  3. 京都の街の人々

  4. 物語を彩る人々

  • 大月家
  • 条映太秦
    映画村の人々
  • 京都の
    街の人々
  • 物語を
    彩る人々

大月家

  1. 大月 ひなた 大月 ひなた

    大月 ひなた
    川栄 李奈
    子ども時代:新津 ちせ

    安子の孫でるいの娘。京都の下町商店街育ち。父親の影響で、時代劇が大好きで、侍に憧れている。正義感が強く、弱きを助け強きをくじく清(さやけ)さが魅力。やる気になるとがぜん燃えるが、地道な努力が苦手で三日坊主、何をやってもうまくいかず挫折の繰り返し。本人はいつも真剣なのに、ずっと、ずっと、自分の居場所を見つけられない人生低空飛行な愛らしき女の子。

  2. 大月 るい

    大月 るい
    深津 絵里

    ひなたの母。安子の娘として雉真家で育ち、岡山から大阪に出て、錠一郎と結婚して京都へ。幼い頃の記憶をたよりにあんこ作りをし、回転焼き屋「大月」を始める。

  3. 大月

    大月 錠一郎/ジョー
    オダギリジョー

    るいと一緒に京都で回転焼き屋を始めたが、不器用な錠一郎は失敗の連続。
    ひなたと一緒に時代劇を見たり、桃太郎の野球の練習に行ったり、朝ドラを見るのが日課。

  4. 大月 桃太郎 大月 桃太郎

    大月 桃太郎
    青木 柚
    子ども時代:野﨑 春

    野球が大好きで少年野球で才能を発揮、進路に迷う姉をよそに、高校球児となって甲子園を目指す。ひなたの同級生・小夜子に、人知れず恋心を抱いているちょっとおませな野球少年。

条映太秦映画村の人々

  1. 五十嵐 文四郎

    五十嵐 文四郎
    本郷 奏多

    時代劇に憧れ京都にやってきたが、上下関係が厳しい撮影所の男社会になじめずにいる。染まらず、こびず、けれど努力は怠らず。自分はスターになれると思い込む生意気で無愛想で、ちょっと頭でっかちな男。将来の進路に迷うひなたを、大いにかき乱し続ける。

  2. 伴虚無蔵

    伴虚無蔵
    松重 豊

    日本の時代劇を支えてきた大部屋俳優。殺陣(たて)は一流で、斬られ役として一目置かれている。ふだんから着流し姿で暮らし、時代劇言葉で話す変わり者。時代劇をこよなく愛するひなたにとって、やがて“師匠”のような存在になっていく。

  3. 二代目 桃山剣之介

    二代目 桃山剣之介
    尾上 菊之助

    銀幕の時代劇スターだった父の名を継いで二代目桃山剣之介を襲名。映画にこだわった父に対し、テレビに出演し、人気を博す。ひなたの憧れのスター。

  4. 武藤 蘭丸

    武藤 蘭丸
    青木 崇高

    二代目桃山剣之介主演の映画「妖術七変化!隠れ里の決闘」で黍之丞の敵役となる小野寺左近を演じる。

  5. 星川凛太朗

    星川凛太朗
    徳重 聡

    人気テレビ時代劇『破天荒将軍』の主役。決めぜりふは「世を治めんがため、天荒を破る。人呼んで破天荒将軍」。

  6. 五十嵐 文四郎

    美咲すみれ
    安達 祐実

    かつて、桃山剣之介のヒット時代劇「棗黍之丞シリーズ」に出演し人気を博した女優。ひなたにとって憧れの存在だったが、思いがけず出会ったすみれは、機嫌が悪い…。芸能界の荒波のなかで、何やらこじらせているらしい。

  7. 榊原 誠

    榊
    平埜 生成

    条映太秦映画村の職員。映画村のイベントやショーなどの企画運営をしている。幼いころから親しんだ時代劇をこよなく愛し、その世界で働いていることを誇りに思う実直な男。ひなたにとっても信頼できる人物となる。

京都の街の人々

  1. 野田一子/ベリー

    野田 一子/ベリー
    市川 実日子

    るいのよき相談相手で一恵の母。京都の実家を継いで茶道の師範に。娘の進路が気がかりで、ついつい口を出してしまう。

  2. 野田 一恵 野田 一恵

    野田 一恵
    三浦 透子
    子ども時代:清水 美怜

    少女漫画に夢中になり、髪は聖子ちゃんカットで時代の流行に敏感。家業を継ぐことを求められ、子どものころから茶道の稽古をしてきたが、親の思い通りには生きない!と自分をつき通すたくましい女の子。ひなたがいつも頼りにする無二の友。

  3. 藤井 小夜子 藤井 小夜子

    藤井 小夜子
    新川 優愛
    子ども時代:竹野谷 咲

    お嬢さん育ちでおしとやかな優等生。子どものころから、英語にピアノ、習字を習い、大学進学を考え将来は先生になることを決めている。

  4. 赤螺 清子

    赤螺 清子
    松原 智恵子

    京都に住み始めたるいが、同じ町内でいつも頼りにする荒物屋の女将(おかみ)。いつも背筋がぴんと伸びた気品あふれる女性。かつて祖母の安子と同じ町内に暮らしていたが、互いにそのことに気づかずにいる。

  5. 赤螺 吉右衛門

    赤螺 吉右衛門
    堀部 圭亮

    あかね通り商店街の荒物屋「あかにし」の店主。父親の吉兵衛に似て、ケチな性格であだ名はけちえもん。

  6. 赤螺 初美

    赤螺 初美
    宮嶋 麻衣

    吉右衛門の母・清子さんの若いころにそっくりな、そば屋「うちいり」の元店員さん。
    吉右衛門と結婚し、荒物屋「あかにし」を手伝っている。

  7. 赤螺 吉之丞 赤螺 吉之丞

    赤螺 吉之丞
    徳永 ゆうき
    子ども時代:石坂 大志

    ひなたの同級生で同じ商店街の荒物屋の息子。地域のガキ大将的な存在で、何かとひなたをバカにする。家業は継がず自分の将来をきちんと考えている姿に、ひなたはひたすら焦る。

  8. 森岡 新平

    森岡 新平
    おいでやす小田

    あかね通り商店街の森岡酒店の店主。“キレの良い”トークでひなた家族のことをいつも気にかけている。

物語を彩る人々

  1. 雉真 勇

    雉真
    目黒 祐樹

    岡山の有力企業・雉真繊維の代表。ひなたの祖母・安子の幼なじみで、安子の夫である稔が実兄のため、ひなたにとっては大叔父にあたる。安子が渡米後、るいは勇と、勇の妻・雪衣のもとで育った。元高校球児で、大の野球好き。

  2. 雉真 雪衣

    雉真 雪衣
    多岐川 裕美

    勇の妻。もともとは雉真家で働く女中だったが、後に勇と結婚した。大の朝ドラファンで、第一作の「娘と私」から欠かさず見ている。

  3. 安子・ローズウッド

    安子・ローズウッド
    森山 良子

    ハリウッド映画のキャスティングディレクター。ハリウッド映画『サムライ・ベースボール』を制作するため出演者オーディションを実施する。

  4. ビリー

    ジョージ
    ハリー杉山

    アニーのおいで、アニーのアシスタントとして来日。サムライ映画と野球が大好き。

  5. ウィリアム・ローレンス

    ウィリアム・ローレンス
    城田 優

    ひなたのラジオ英語講座のパートナー。アメリカ人。幼い頃、京都でしばらく過ごした時期がある。愛称はビリー。甘い物好き。

  • 大月家
  • 条映太秦
    映画村の人々
  • 京都の
    街の人々
  • 物語を
    彩る人々