2010年09月30日 (木)今夜のカラフル!は帯広から


今夜のル!は、「ずっと馬と暮らしたい」。
北海道、帯広市に暮らす女の子が主人公。


zuttouma.jpg"ばん馬"っていう超大きい馬が家にいる。
かわいいし、やさしい。
でも、すごく暴れる馬がやってきた。
大変・・・。


こんにちは!ディレクターのうるしやまです。
みなさんは、"ばん馬(ばんば)"って知っていますか?
競馬などでよく目にする"サラブレッド"のおよそ2倍の大きさ。
重いものだと1トンもある、とっても大きな馬なんです。

その"ばん馬"が活躍しているのが、
北海道・帯広市で行われている"ばんえい競馬"です。

race-1.jpgrace-2.jpg

 

 

 



"ばんえい競馬"は、
右上の写真のように
馬が騎手と重りを乗せた重いそりをひきながら競うレースです。
コースの途中には2つの坂があって、
巨大な"ばん馬"がその坂を越えていく様子は
とっても迫力があります!

今回の主人公は、
ばん馬と一緒にくらしている4年生の千尋(ちひろ)さん。
千尋さんのお父さんは、調教師という、
競馬用のばん馬を育て、訓練する仕事をしています。
いつでも馬の様子をチェックすることができるように、
千尋さんたち家族は、ばん馬たちと同じ屋根の下で生活しているんです。
千尋さんが「馬は家族」と言うのも納得です。

               ばん馬の手入れをする千尋さんchihiro.jpgkaho.jpg (左)と 姉の果歩さん(右)

 
千尋さんとお姉さんの果歩さんは、
放課後や休日には馬の体を洗ったり、
ブラシをかけてきれいにしたり、
にんじんをあげたり・・・と、
お父さんたちの仕事を手伝っています。
ふたりとも、ばん馬が大好き。
まるで友だちにするように、
いろいろと馬に話しかけながら世話をしています。
千尋さんは馬の顔や様子を見れば、
その日の馬の気分や気持ちがわかるとのこと!
馬はそれぞれ顔も性格も全然違うらしいんですが・・・
うるしやまには毛の色が同じ馬はなかなか見分けがつかず・・・。
でも、よーく見てみると、
確かに顔やたてがみにそれぞれの特徴があるんですよね。
馬の顔にある白いもようは「流星(りゅうせい)」と言って、
馬を見分ける時の大きな手がかりになるのだそう。
たてがみもサラサラなストレートヘア系の馬もいれば、
くるくるパーマ系の馬も。
競馬を見る時は、レースだけでなく、
馬の"顔"にも注目してみると面白いかも知れませんね。

banba-1.jpgbanba-2.jpgbanba-3.jpgbanba-4.jpg
banba-5.jpgbanba-6.jpgbanba-7.jpgbanba-8.jpg
(千尋さんといっしょにくらす"ばん馬"たち。あなたはどの馬がお気に入り?)

巨大な「ばん馬」ですが、実はとってもおとなしくてやさしいんです。
最初は、その大きさにビックリして近づくのがこわかったのですが、
近づいてなでてみても、めったにいなないたり、あばれたりはしません。
千尋さんと果歩さんはよく、
ばん馬の背中に乗ったままおしゃべりしているのですが、
その間もばん馬たちはじっとおとなしくしています。
ふたりの話を聞いているのかな・・・?

kahochihiro.jpg将来は、競馬の騎手になりたいという夢を持つ千尋さん。
本当は、ばん馬に乗ってみたくてたまらないのですが、
ばん馬はレースで使う大切な馬。
千尋さんが自由に乗ったり遊んだりするわけにはいきません。
ずっと「自分の馬がほしい!」と言い続けていた千尋さんのために、
お父さんが乗馬用の馬を借りてくれました。
でも、この馬が千尋さんを困らせることになります・・・。
くわしくは番組でごらんください!


blogcavallo.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:10:49

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

土曜日の放送を見ました!
大きな馬たちに話しかけながらお世話をする千尋ちゃんを見て、本当に馬が大好きなんだなあって思いました。
大好きな馬とお別れする場面では、私も思わず泣いてしまいました・・・。
たくましくてやさしい千尋ちゃん、これからもがんばってほしいです。

投稿日時:2010年10月05日 09:59 | marimo

■■■カラフル!スタッフです■■■
marimoさん コメントありがとうございます!

ばん馬と暮らす千尋ちゃんの取材は、これからも続きます。どうぞお楽しみに。

投稿日時:2010年10月05日 14:51 | カラフル!スタッフ

偶然にもたまたまチャンネルを回していたらこの番組に出会いました。ただし最後の5分間ぐらいしか見られませんでした。乗馬を
すこしやっているので大変興味がありました。馬と子供がリラックスしている様子が印象深く伝わってきました。

再放送日を後日チェックした時には既に放映は終わっていました。
私も帯広でばん馬をすぐそばで見ましたが その大きさには圧倒されました。
今後も取材は続けるとのこと 楽しみにしております。
(再々放映はないでしょうネ?)

投稿日時:2010年10月07日 04:28 | 64才のジージー

■■■カラフル!スタッフです■■■

64才のジージーさん コメントありがとうございます。

ご覧いただけたのは最後の5分だったのですか。。。残念!
そうなんです。再放送は、終わってしまいました。
冬と春にアンコール放送の枠があるので、
64才のジージーさんのリクエストを加えておきます。
その他に、水曜日の9時30分からは、時期はかなり遅くなりますが、
学校向けに順次再放送をしています。日時は未定ですが、
そちらでもごらんいただけます。
アンコール放送や次回の千尋ちゃんの番組について、
決まり次第、ブログやHPでお知らせしますので、
またチェックして頂けたら嬉しいです。


投稿日時:2010年10月07日 12:00 | カラフル!スタッフ

今回の番組をみて感じたことは、小さな子供すらわかる生命の大切さ
また、当たり前に行われる弱肉強食社会、そんな中でも大切なパートナーを思う気持ちを忘れない女の子に、忘れていた純粋で無垢な気持ちを思い出させて頂きました。
悲しくて涙する。うれしくて笑う。人(馬)?を思いやる。
感慨深いものでした。有難うございました続編きたいしてます。
この女の子の成長も見てみたいですね

投稿日時:2010年10月07日 12:33 | 馬好き

■■■カラフル!スタッフです■■■

馬好きさん コメントありがとうございます。

馬好きさんが書いて下さったように、“悲しくて涙する。うれしくて笑う。人(馬)を思いやる。”というシンプルな感情を、私たち大人も忘れないようにしなくちゃですね。

魅力的な子どもたちが、続々登場する「カラフル!」。これからもよろしくお願い致します。

投稿日時:2010年10月07日 17:07 | カラフル!スタッフ

スタッフの皆様方へ。

ご丁重なご返信 有難うございます。
是非とも取材を続行され(たとえ 上司の異論があろうとも!)
人馬一体の映像を またお見せください。

「龍馬」もオモシロイけんど 人と動物の関係のホウがもっとモット
深く真面目に面白いキンの!!

投稿日時:2010年10月07日 22:54 | 投稿オタクではナイ64才のジージー

■■■カラフル!スタッフです■■■

64才のジージーさん 再びの書き込みありがとうございます。
ご心配ありがとうございます。上司の反対はありません!

次の回まで、ちっくと待ってつかぁさい。

投稿日時:2010年10月08日 10:34 | カラフル!スタッフ

再放送で初めて拝見しました。(途中からなのが残念ですが、、)
ちいさな子供と馬との共存共栄、胸を打たれました。

ぜひ家族そろって観たいのでまたの再放送希望に一票!!です。
なんとかお願いします…

投稿日時:2011年01月12日 10:42 | あーちゃん

■■■カラフル!スタッフです■■■

あーちゃんさん コメントありがとうございます。

「ずっと馬と暮らしたい」の再放送あります!
来週水曜日、1月19日の9時30分~9時45分です。
是非、ご家族皆さんでご覧ください。
またコメント頂けたら嬉しいです。

この番組を担当したディレクターのうるしやまは、
千尋さんを継続取材中で、雪の帯広に行っています。
続編もどうぞお楽しみに!

投稿日時:2011年01月12日 14:50 | カラフル!スタッフ

コメントの投稿

ページの一番上へ▲