2010年09月08日 (水)明日のカラフル!は妖怪が大好きな女の子が主人公


NHKのある渋谷は、朝から雨が降り続いています。
猛暑にうんざりしていたので、久しぶりの雨が嬉しい出勤となりました。

しかしながら、台風の影響で雨風の強い場所もあると思います。
外出の際は、どうぞお気をつけください。

それでは、明日のル!をご紹介すべく、
担当ディレクターにバトンタッチします。

「みんな、いないって言うけど」
nanaka.jpg
妖怪が大好き。
頭の中で座敷わらしと野球やったり、
骨女に相談したり・・・
会ったことはないけど、信じてる。


みなさん、こんにちは!
「みんな、いないって言うけど」を担当した、
ディレクターのくさがやです。

みなさんは、妖怪(ようかい)、知っていますか?
各地に伝わる民話に出てくる、ふしぎなお化けたちのことです。
最近は、水木しげるさんのマンガやアニメを通して知っている、
という子も多いんじゃないでしょうか?

有名なところでは、ろくろっ首、河童(かっぱ)、のっぺらぼう、
さらに、一反もめん、子なきじじい、座敷(ざしき)わらし、などなど、
た~~~っくさんの妖怪が、日本中にいます。

今回の主人公は、妖怪が大好きな6年生の女の子、菜々佳さんです。
菜々佳さんは、民話や妖怪の本をたくさん読んでいて、
いろんな妖怪のとくちょうやエピソードをびっくりするほどくわしく知っています。

ときどき、空想の世界で
妖怪といっしょに遊んだり、話をしたりしている菜々佳さん。
「じっさいに一度妖怪にあって話をしてみたい」と言っています。

"妖怪なんて、いるわけないじゃん"と思っている人も
番組を見て、菜々佳さんの意見に耳を傾けてみてください!


ところで、番組では図書館に通う場面がありますが、
菜々佳さんは本当に本が好きです。
取材やロケの間も、ちょっと待ち時間があると、本に取り出し...
時には、カメラが回っていても、読みふけってしまうほどでした!

菜々佳さんの集中力、すごい!
こうして、すきなことにどっぷりひたってすごす時間って、
宝物みたいに大切だな...と思ったのでした。

tuttinanaka.jpg菜々佳さん一家と、撮影(さつえい)スタッフ。
犬の「ちゅら」は番組には出なかったけど、
撮影中、ほえないでいてくれて、ありがとう!



blog.jpg

お楽しみに!!!

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:11:23

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

私は、49歳のおじさんですが、妖怪は居ると思ってます。昔から人は、理解出来ないことを妖怪として伝えて来ました。たとえば、かまいたちのように。私は、小豆洗いの正体を知っています。でも、見たことはありません。その正体を調べるのも、おもしろいと思います。
ちなみに、子供のころのあだ名は、妖怪でした。

投稿日時:2010年09月10日 01:55 | 清水

私は42歳のおばさんです。子供の頃は東北に住んでいて、座敷わらしと遊んだことも、菜々佳さんの小説みたいにかまいたちに切られたこともあります。いないって言う人は知らないだけですよ。妖怪は誰も信じてくれないといなくなってしまうこともあるんです。だから、ずっと信じていてくださいね。きっといつか菜々佳さんも会えますよ。私がすねこすりに会ったのは高校の時でした。まだまだこれからですよ。楽しみにしていてください。

投稿日時:2010年09月16日 14:54 | かんだ

はじめまして。現代にもあなたのような子達がいてくれたんですね。
自分も30年近く前に同じような事(神社やお寺、山や林に妖怪を探しに行きました。)をしていました。大人になるにつれて、幽霊はいても妖怪は居ないんじゃないか?!と思う事がありましたが、今では逆に妖怪はいるんだ!!と再確認したんですよ。学校のろうかに輪入道が現れてみんなが見たとか、河童の話しや山童、お稲荷さんで巨大な狐を見たと言う人もいました。河童や川獺のように消えない生き物のような妖怪もいれば、骨女や化かす狐の類もいるのだとわかり、生き物のような妖怪は出会えるのは情熱と運がいりますが、幽霊に近い妖怪はお坊さんのようにベジタリアンだと見えやすいようです。
現に、小人(コロボックルやキジムナー?)が見える人もいますから。あと必要なのは、妖怪を楽しむ優しい心でしょうね。いつかきっと必ずどこかであえますよ!。妖怪も自然も大切にしていきましょうね!。

投稿日時:2010年12月08日 23:04 | 品田 豊

 僕は、22歳の大学生のオニイサンです。
 妖怪は確かに存在します。もちろん、幽霊や精霊、神様の類も、我々とは少し違う形で存在するのだと思います。だから、この子の言っていることはある意味で正しい。他の子は解ってくれないかもしれないけど。
 とにかく、今回の放送を見て、出来ることなら彼女に是非とも会ってみたい、会って、夜通しで妖怪について喋くり倒したい!!と思ったことが、僕の感想です。
 今のご時勢、「妖怪感度」が高い子がまだ居てくれたことにとても喜びを感じました。
 

投稿日時:2011年01月14日 17:27 | なまりの兵隊

私は、小学4年ですが、妖怪は、いると思います。
あたしは、今の環境が、悪いから妖怪が、姿を表す事が、出来なくなっているだけだと思うんです 今は、昔とちがい、環境汚染をする人間が悪いと思います 人間がそう言う事を、止めれば妖怪も、気軽に、出てこれる世界になると思います!!!

投稿日時:2011年01月15日 11:36 | runa

■■■カラフル!スタッフです■■■

なまりの兵隊さん
runaさん 
コメントありがとうございます!

1月13、15日の放送後に、メールもいくつか届きました。
「まるで自分のことのようです。小学生の頃から自分で妖怪のお話を作り絵本にしていました。現在、民俗学の中に含まれるような場所に身を置いて、自分の原点は“妖怪”だということを大げさですが誇りを持って自負しています。」と書いてくださったのは、かざみさんです。

「みんないないって言うけど」には、9月9日の本放送以降、再放送の度に多くの反響を頂いています。なまりの兵隊さんの言葉を借りると“妖怪感度の高い”人が、日本中にいらっしゃるのですね。日々バタバタしているカラフル!班ですが、“気配を感じる繊細さ”を大切にしなくちゃなと心新たに思いました!

投稿日時:2011年01月18日 12:03 | カラフル!スタッフ

コメントの投稿

ページの一番上へ▲