2022年11月09日 (水)11月10日放送のカラフル!は、クロアチアから


少年グルガの夢は、気球に乗って、大好きなふるさとを空からながめること。そのためには多くのお金がかかります。

そこでグルガは、親に相談し、街角でファゴットという楽器を演奏して、お小づかいを得ることにしました。

しかし、最初は順調に見えたその道のりは苦労の連続で…。グルガは、気球に乗る夢を実現することができるのでしょうか?

01.jpg

 

02.jpg03.jpg

 ----------------------------------------

『カラフル!』の、海外の放送局が制作した回には、声の吹き替えで、児童劇団の子どもたちが参加してくれています。どんな気持ちで演じてくれたのか、インタビューしました!今回は、宮本礼さんです。

04.jpg

 Q:今回演じてみて、強く印象に残ったシーンはありますか?

宮本:グルガが、自分の演奏をだれも聴いてくれないからと、途中で演奏するのがつらくなって泣いたシーンです。それでもあきらめずに場所を変えてやりとげたことに心打たれました。あきらめない姿が、すごいなと思いました。

Q:その、グルガが泣くシーンでは、声の演技は難しかったのでは?
宮本:はい、いちばん難しいシーンでした!

Q:どうやって演じましたか?くふうした点などがあれば教えてください!
宮本:劇団の先生とも話し合って、教えていただきながら、いい方法を見つけました。実はあの場面では、横隔膜を震わせて声の演技をするようにしたんです!悲しい出来事を思い浮かべながら、感情を出せるように演じました。いちばんたくさん練習した場面です。

Q.役作りの工夫、素晴らしいですね!そんなグルガに、宮本さんが自分自身を重ねる部分はありますか?
宮本:ぼくも、グルガのように、あきらめないで努力することが大切だと思っています。いろんな活動で努力を続けてきた結果、野球ではレギュラーになれて、ピアノでは賞をとることができました!すごく大変だったけど、あきらめないでよかった。だから、努力は身になる、むくわれると感じています。

Q:番組を見てくれる方へメッセージをお願いします!
宮本:あきらめずに取り組めば、絶対に夢はかなうっていうことを、ぜひ伝えたいと思っています。ぼくの、これまでの12年の経験でも、もうあるので。絶対って言えます。ぼくもこれから中学生なので、中学校では、テニスに挑戦したい、勉強もスポーツも、あきらめずにいろいろやってみたいと思います!

Q:ありがとうございました!
宮本さんが声の吹き替えをしてくれた『カラフル!』は、11月10日(木)前9:30- Eテレでの放送です。
ぜひご覧ください!

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:19:54

ページの一番上へ▲