2010年04月30日 (金)2日に カラフル!スペシャル 放送あります


みなさん、こんにちは!

昨夜のル!強いヒーローがぼくの夢」、
ご覧いただけましたでしょうか?
オヤマさんから早速メッセージをいただいたのでご紹介します。

昨日放送を見ました。
すごく心温まる話でした。
私は気仙沼出身で今は東京で働いております。
なので、地元の風景が何とも懐かしく感じました。
また隼弥くんのキャラと家族がとても良かったです。
「成長」「絆」「夢」を感じた15分でした。

オヤマさん、ありがとうございます。
連休は気仙沼に帰られるのでしょうか?
隼弥くんを見かけたら声をかけてみてくださいね。

さて、みなさん!重要なお知らせです。
5月2日に見逃せないル!があるんです。
昨年から番組をご覧頂いている方にはすっかりお馴染みの
あの二人”が50分のスペシャル版になって放送です。
        「山のナナミと街のカオル
5月5日こどもの日は、総合テレビでも放送することになっています。

SPmini.jpg

是非ご覧いただき、番組までメッセージお寄せください。
お待ちしています。

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:11:33

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

私も山村留学してみたいなと思ったし、七海ちゃんと薫ちゃんの友情は永遠なのかなと思った。私はこの番組を見て、友情を大切にしたいなと思った。

投稿日時:2010年05月02日 17:22 | 小貝 愛実

「山のナナミと街のカオル」の七海ちゃんのキャラクターが素晴らしい。小学校5年なのに、人の気持ちをよく考えていて大人でも出来ない事ですね。
山で1年たった都会育ちの薫ちゃんが、肌の色も健康的に黒くなり、山育ちの子供に見えました。山に行く前の薫ちゃんは、モデルの様に見えるくらいの大人びた色気さえ感じさせる女の子に見えましたが、1年後の薫ちゃんは、これぞ子供と思える様な、良い感じに健康的な子になってました。やはり子供は田舎で育てるのが一番ですね。

投稿日時:2010年05月02日 23:10 | 日中 一

休日なんとなくテレビを観ていたら、最後まで引き込まれるように見入ってしまいました。
友情を紡いでゆく七海さん、薫さんをはじめとした山村みなさんの笑顔に感動しました。
学校の先生やご両親の皆さんも勇気が必要だったことでしょう。
私はこの「山村留学」というすばらしい言葉を知りませんでした。
なにも外国に行くことだけが留学ではく、身近なこの日本で、何ものにも変え難い経験ができるんだということを改めて感じました。
番組ではわからなかったのですが、どのようにしてこの山村留学が企画されたのかという経緯にも興味を持ちました。
山村留学をはじめとした都市・地方間のこうした人の交流自体が、日本にとって大きな資産になりえると思えました。

投稿日時:2010年05月05日 14:45 | 東京都在住40歳

5月5日の子供の日、家の連中はみんなお出かけ、一人留守番中何気なく見ていたこの番組、最初は他チャンネルとごっちゃに見ていました。(最初の場面を見落とした。残念!)途中からは引きづり込まれるように見ていました。感想は殆ど皆様のコメント同様ですが、私見として、一番感動した場面は、1年過ごして山村留学最終日前の日、何気なく?七海さんが薫さんを尋ね、何気ない会話をして、時間を過ごし、何気なく帰って行った場面です。二人の1年間が凝縮されていました。二人だけでなく、周りのクラスメートと育んだ全てがあの場面だったと思いました。子供の世界は無限大と感じました。

投稿日時:2010年05月12日 23:46 | 遅ればせながら・・・名古屋在住者から

コメントの投稿

ページの一番上へ▲