2009年07月22日 (水)お便り祭り 第二弾


「お便り祭り」第二弾です!

千恵のまいにち日っき」同様に、たくさんの反響を頂いたのが
ドイツの吃音に悩む少年を主人公とした「ぼくの言うことを聞いて!」でした。

先ず、メールからご紹介していきます。

初めてメールさせて頂きます。
7月2日放送で、吃音矯正の放映を興味深く拝見致しました。
私も吃音で悩んでおる者で、現在56歳リストラで時間ができた為、
腹式呼吸と音読を5月から毎日継続しております。
今回の番組での腹式呼吸方法は初めて見たものであり、
それを含めて矯正プログラムを詳しく知りたいと思いました。
多分、私と同じ境遇の方なら同様に感じたと思います。
今回の主人公の気持ちは吃音者である私には非常に理解でき、
世間では吃音ということばの意味さえも知らない方がおります。
私の希望は吃音とはどういうものなのか皆さんに知って頂く為、
更に世界各地での矯正方法をも吃音をメインタイトルとして
放映して頂きたいと思います。
私は軽度ですが、重度の方もおります。
是非とも検討して頂けますようお願い申し上げます。

匿名希望さん、ありがとうございました。
主人公に共感してメールを下さった方、他にもいらっしゃいましたので
ご紹介しますね。

「僕の言うことを聞いて!」を見ました。
私は今21才ですが、物心ついた時から吃音でした。
だから、主人公の男の子の気持ちがとても分かります。
言いたいことも声が出ないので、
発言するのを止めるのは今も日常茶飯事です。
どうして吃音になったのか分からないので、本当に辛いです。
思うように喋ることが出来ないので、喋ることに緊張します。
そのため今は、リラックスさせようと思い、
吃音である事を特に意識しないようにしています。
意識し始めると、吃ったことで気持ちが落ち込んで、
また緊張して吃るという悪循環になります。
生きていく事が辛くて死にたいと思った事も何度もありましたが、
今は普通に暮らしています。
今回「カラフル」を見て、世界にも悩んでいる人がいると知ってびっくりしました。
またとても勉強になりました。ありがとうございました。

いよ
さん、ありがとうございました。
この番組がきっかけで少しでも「吃音」への理解が深まれば・・・と思いました。

今日「カラフル」をはじめて見ました。
「ぼくの言うことを聞いて!」というタイトルに惹 きつけられたからです。
このタイトルの本人はまだ子供ですが、吃音に悩んでいるというのは、
我が息子も同じです。
同じような思いを子供の頃から経験してきたようです。
息子は、もう大人・・大学4年生ですが、今も現在も苦しんでおります。
番組に気づくのが遅く、セミナーに参加するシーンからしか見れませんでした。
吃音は精神的な面もあるかもしれませんが、
この番組を我が息子にも見せてやりたいです。
そして、少しでも解決の助けになるならばと思いました。
どうか再放送していただきたいです。お願い致します。

コリコリさん、ありがとうございました。
ぼくの言うことを聞いて!」の再放送は
8月27日(木曜日) よる7時40分~55分 を予定しています。
是非息子さんとご覧ください。

カラフル!いつも楽しみにしてみています。
7月1日の放送で、字幕が付いていたので、嬉しくなってメールしています。
私は難聴で、補聴器をつけますが、長時間つけると疲れるので
家ではなるべくつけません。
テレビを見るときは時々出るテロップだけで見ていることもよくあるので、
字幕が付いているととてもありがたいです。
わかりやすい字幕を製作するのは大変な作業だと思いますが、
これからも付けていただけると嬉しいです。

カラフル!を見ると、いつも誰でも一生懸命生きているんだなぁと思います。


みえこさん、ありがとうございました。
最後のお言葉、番組スタッフ一同も感じています!
放送予告のブログに書きましたように、「ぼくの言うことを聞いて!」は
「吃音」をテーマにした番組でしたので、吹き替えにせず、
主人公の言葉などは全てテロップ表示としました。

は、文字放送でご覧いただけるのをご存知でしょうか?
文字放送受信チューナー、チューナーを内蔵するテレビをお持ちであれば
ご覧いただけます。

グロリア・スコットさん、コメントをありがとうございました。
相田 愛さん、コメント&トラックバックありがとうございました。

saihouki.jpg

ぼくの言うことを聞いて!」、どうぞご覧ください!

blogBram.jpg続いて、「ぼくはブラム 夢はDJ」に
頂いたメールをご紹介します。

DJブラムのお話よかった!
また見たいです 
はやくデビューしてほしい★ 
ちょっと橘慶太に
似てるなーと思った

まこさん、ありがとうございました。
また見たい、というまこさん!再放送あります。
9月25日(金)、30日(水)、10月2日(金)
水曜日:あさ9時30分~45分、金曜日:あさ9時45分~10時
です。

やっといじめられなくなったのに転校しなくちゃならない男の子を主人公とした
アレクサンダーの転校」にkaonasiさん、コメントをありがとうございました。
3回転校なさったんですね。ふくしまも、転校を3回しました。
kaonasiさんの言葉にあるように、
人は一番ふさわしいときに一番ふさわしい人に出会って、
また一番ふさわしいときに別れもやってくる 
と、
アレクサンダー君も思える日が来るといいですね。

「転校」というキーワードで言えば、忘れてならないのは
クロアチアの移動遊園地を我が家としている少年です。
きょうはここ あすはどこか」を見逃したというakaeさん、
7月28日(火曜日) あさ9時30分~45分 再放送があります。
どうぞお楽しみに!

続きまして「アイツだけには負けたくない」へのお便りです。

我が家のふたごの男児達(中二)と三人で見ました。
自分たちみたいだと感想を述べていました。
特に野球勝負の場面では、くいいるように画面を見つめていて、笑えました。
小さい二人が、家に歩いて帰る時の前後の微妙な距離感に、
自分たちの事を重ねていたようです。

我が家の二人も学校・所属する部活(サッカー部)が同じ。
今は成績を競って定期テストの度に母はドキドキです。
小学校の五年頃、二人に大きく差がつき、
負け続けた弟のほうが精神的にまいっていた時期がありました。
しかし今は逆に、その経験をしたからこそのたくましさを感じる事があります。
その時勝ち続けた兄は、今弟の逆襲に戦々恐々としている様子です。

試験や試合前には同じ家に同士みたいな存在がいるのが心強いらしく、
協力関係を結ぶ時も。でもひそかにお互いのチェックは怠らずです。

久しぶりに子供たちの小さい頃を思い出させていただきました。

一生懸命に今を生きている小さなお二人さんが、本当にかわいらしく、
いじらしく感じました。
たくさん競って勝負にこだわるのも“ふたご”だからこそかもしれませんね。

彼らに素晴らしい未来が広がりますように。

匿名希望の双子のママさん、ありがとうございました。
メッセージは、はやしディレクターを通じてお伝えします。
双子の兄弟の心模様、「アイツだけには負けたくない」は
9月9日(水)、11日(金)、16日(水)、19日←間違い18日(金)
再放送があります。
水曜日:あさ9時30分~45分、金曜日:あさ9時45分~10時です。

初めまして。
「あいつだけには負けたくない」で、初めてこの番組を知った
小児科勤務の看護師です。
双子ならではの人間関係が微笑ましくって、
すぐにこの番組のファンになっちゃいました。
『いろんな人がいるから、世界は楽しい』と、私も思います。
1人1人の個性がキラキラ輝いて。
たくさんの色鉛筆が目の前にあると、ワクワクしますもんね。
『個別性』をお互いが認め合えると、
もっと生きやすい社会になるでしょうしね。
子どもの素直な意見や、表現を見れる素敵な番組だと思います。
もっといろんな大人にも見てもらいたい番組です。
例えば、真夜中に再放送をして欲しいです。
3作程度連続などではどうでしょうか?

では、これからも世界のいろんな子ども達に
出会える事を楽しみにしております。がんばって下さいね!!


あんもさん、ありがとうございました。
真夜中の連続再放送・・・リクエスト、ありがたくいただきます。

最後にゆうこさんからのお便りをご紹介して
「お便り祭り 第二弾」を終わります。

子供達と見ています。
国籍・健康・生活状態等々いろいろな子供達が毎回登場し、
子供目線なのがとても新鮮でわかりやすいです。
息子達も幼稚園児なら幼稚園児なりに、小学生なら小学生なりに
TVで出てくる子供に思いを寄せています。
このような素晴らしい番組が長く続きますように、
スタッフのみなさま、応援しています!

ゆうこさん、ありがとうございました。
スタッフ一同、夏バテなんてしていられない!と
ヤル気が出てきました。

では現在、
夏スペシャル子どもたちの名言・迷言集」を制作中です。
いつもの木曜日30日、なんと放送時間は7時から55分間!
夏スペシャル
子どもたちの名言・迷言集」どうぞお楽しみに

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:16:12

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲