2015年11月10日 (火)次回の「カラフル!」はスロベニアから!


次回の「レオンとヤンの農場」

主人公は、スロベニアに住む12歳の男の子、レオンくんです。

 

これからは新しい畑で野菜を育てるんだ。

野菜がとれたら、マリボルの市場(いちば)で売りたいと思ってる。

市場で売れるようないい野菜を作ることがぼくたちの目標(もくひょう)なんだ。

 

レオンくんは友だちのヤンくんと一緒に大人の手を借りず、自分たちだけで野菜作りにいどみます。

野菜を市場で売ったお金で好きな物を買いたいというレオンくんたち。

しかし、野菜はすぐにはできません。

雨が続いたり、シカに食べられてしまったり、ヤンとけんかしたり・・・。

fujisima.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(左:レオンくんの声を担当した藤嶋一晴くん 右:ヤンくんの声を担当した木内和真くん)

 

主人公レオンくんの声を担当したのは、藤嶋一晴(いっせい)くんです。

「ぼくもやんちゃなんで、やんちゃなレオンくんの声はやりやすかった!」

という一晴くんは、サッカー少年。毎朝5時半に起きて友だちといっしょに公園を4キロ走るのが日課だそうです。

 

レオンくんたちを見てどう思いましたか?

「レオンくんはぼくと同い年なのに、畑や野菜のことを本当によく知っていて、トラクターの運転までしちゃってすごい!ぼくも自分たちでカボチャやきゅうりを作ってみたいと思いました!」

実は一晴くん、野菜はきらいでしたが、先日お店で初めて「シーザーサラダ」を食べて、野菜のおいしさに目覚めたんだそう。

「今まであまりかまずに飲み込んでたけど、しっかりかんで食べたらあまかった!」とのこと。

自分たちで作るとれたての野菜は、もっともっとあまいかもしれませんね!

 

さあレオンくんたちの野菜は市場で本当に売れるのか?

野菜を売ったお金でレオンくんたちが買いたいものとは?

藤嶋くんの声でお楽しみください。

 

「レオンとヤンの農場」

Eテレ 11月12日(木)午前9時50分から

leon.jpgleon2.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:19:18

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲