2012年9月 6日

あしたのカラフル!は自転車に乗れない女の子が主人公


みなさん、こんにちは!
『わたしだって 乗りたい』を担当した
水戸放送局ディレクターのみついです。

突然ですが、【初めて自転車に乗れた日】のこと、
みなさんは覚えているでしょうか?
親にお願いして教えてもらった?
友だちに頼みこんで練習した?
ひとり淡々と走り続けた?
ひとりひとり形は違うかもしれませんが、
その努力は万国共通、多くの人が通る道だと思います。

実際私も、小学校低学年の頃、
学校の校庭で父に自転車を押されながら練習を繰り返しました。
練習開始直後から転倒の連続。膝をゲガし、
それはもう痛くて痛くて「きょうはやめようよ」と弱音を吐き続けました。
それでも、2日目にはなんとかバランスを取れるようになり、
自分の力だけで進むことができるようになりました。
自転車特有のスピード感、父の手を離れたという達成感…
それまで感じたことのない爽快な気分に、
嬉しさを押さえ切れなかったのを覚えています。

さて、今回の主人公・愛結実(あゆみ)さんは、
小学校4年生となったいまも自転車に乗ることができません。
しかし、夏休みに入り、周りの友だちはどこへ行くのにも自転車。
愛結実さんはひとり歩くしかありません。
暑い日は、特に大変です!
炎天下のなか、友だちを追いかけるため、
汗びっしょり。愛結実さん、遊ぶ前に疲れてしまいます。

「どうしても自転車に乗りたい!」思いが募った愛結実さんは、
意を決して、仕事で忙しい父親に練習のお願いすることに…。


blogayumi.jpg                (自転車の練習をする愛結実さん)

tuttiayumi.jpg

             (愛結実さんの家族とクルー:筆者は一番右)

果たして愛結実さんは、練習に付き合ってもらうことができるのか?
そして、自転車に乗ることができるのか?!
小学4年生のひと夏の挑戦を追いました。


是非ご覧ください!

mitoblog.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:14:42 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

ページの一番上へ▲