2010年9月

今夜のカラフル!は帯広から


今夜のル!は、「ずっと馬と暮らしたい」。
北海道、帯広市に暮らす女の子が主人公。


zuttouma.jpg"ばん馬"っていう超大きい馬が家にいる。
かわいいし、やさしい。
でも、すごく暴れる馬がやってきた。
大変・・・。


こんにちは!ディレクターのうるしやまです。
みなさんは、"ばん馬(ばんば)"って知っていますか?
競馬などでよく目にする"サラブレッド"のおよそ2倍の大きさ。
重いものだと1トンもある、とっても大きな馬なんです。

その"ばん馬"が活躍しているのが、
北海道・帯広市で行われている"ばんえい競馬"です。

race-1.jpgrace-2.jpg

 

 

 



"ばんえい競馬"は、
右上の写真のように
馬が騎手と重りを乗せた重いそりをひきながら競うレースです。
コースの途中には2つの坂があって、
巨大な"ばん馬"がその坂を越えていく様子は
とっても迫力があります!

今回の主人公は、
ばん馬と一緒にくらしている4年生の千尋(ちひろ)さん。
千尋さんのお父さんは、調教師という、
競馬用のばん馬を育て、訓練する仕事をしています。
いつでも馬の様子をチェックすることができるように、
千尋さんたち家族は、ばん馬たちと同じ屋根の下で生活しているんです。
千尋さんが「馬は家族」と言うのも納得です。

               ばん馬の手入れをする千尋さんchihiro.jpgkaho.jpg (左)と 姉の果歩さん(右)

 
千尋さんとお姉さんの果歩さんは、
放課後や休日には馬の体を洗ったり、
ブラシをかけてきれいにしたり、
にんじんをあげたり・・・と、
お父さんたちの仕事を手伝っています。
ふたりとも、ばん馬が大好き。
まるで友だちにするように、
いろいろと馬に話しかけながら世話をしています。
千尋さんは馬の顔や様子を見れば、
その日の馬の気分や気持ちがわかるとのこと!
馬はそれぞれ顔も性格も全然違うらしいんですが・・・
うるしやまには毛の色が同じ馬はなかなか見分けがつかず・・・。
でも、よーく見てみると、
確かに顔やたてがみにそれぞれの特徴があるんですよね。
馬の顔にある白いもようは「流星(りゅうせい)」と言って、
馬を見分ける時の大きな手がかりになるのだそう。
たてがみもサラサラなストレートヘア系の馬もいれば、
くるくるパーマ系の馬も。
競馬を見る時は、レースだけでなく、
馬の"顔"にも注目してみると面白いかも知れませんね。

banba-1.jpgbanba-2.jpgbanba-3.jpgbanba-4.jpg
banba-5.jpgbanba-6.jpgbanba-7.jpgbanba-8.jpg
(千尋さんといっしょにくらす"ばん馬"たち。あなたはどの馬がお気に入り?)

巨大な「ばん馬」ですが、実はとってもおとなしくてやさしいんです。
最初は、その大きさにビックリして近づくのがこわかったのですが、
近づいてなでてみても、めったにいなないたり、あばれたりはしません。
千尋さんと果歩さんはよく、
ばん馬の背中に乗ったままおしゃべりしているのですが、
その間もばん馬たちはじっとおとなしくしています。
ふたりの話を聞いているのかな・・・?

kahochihiro.jpg将来は、競馬の騎手になりたいという夢を持つ千尋さん。
本当は、ばん馬に乗ってみたくてたまらないのですが、
ばん馬はレースで使う大切な馬。
千尋さんが自由に乗ったり遊んだりするわけにはいきません。
ずっと「自分の馬がほしい!」と言い続けていた千尋さんのために、
お父さんが乗馬用の馬を借りてくれました。
でも、この馬が千尋さんを困らせることになります・・・。
くわしくは番組でごらんください!


blogcavallo.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:10:49 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
コメント(10) | トラックバック (0)

23日秋分の日のカラフル!は・・・


23日 秋分の日のル!は、
みなさんからの熱いご要望にお応えして
変形菌はぼくの友だち」を再放送(本放送7月15日)します。

放送終了後、ブログやメールでたくさんのメッセージを頂き、
ありがとうございました!
今日はその一部をご紹介します。
「まだ番組を見ていない」という方は、
コチラとこのブログをご覧の上、再放送にご期待ください。

まな君へのエールをふたつ。
先ずは、匿名希望さんから。
「私は今年高校を卒業したものです。
私自身もかなりマイナーなことが好きで、
もちろんまわりにはいままで同じことが好きだなんて人いませんし、
本を通してしか、会ったこともないです。
人類の発展は彼のような人達がいなければ絶対にありえないと思います。
何が人類に必要かなんて絶対にわからないんです。
だからこそ、みんな違うものが好きでいいんです。
(と思って、私は自分を納得させてます 笑)。
ただ純粋に好きという気持ち、
誰になんといわれようと、
ずっとわたしも持ち続けたいし、
彼にも持ち続けてほしいです。」

続いてかーちゃんさんから。
「変形菌、なんて初めて知りました。
そんなものがこの世にあったとは。
しかもそれは通学路で見つかっちゃうくらい、そのヘンにあるみたい。
なかなか同年代の理解者が現れず
「(自分でもこの趣味を)地味だと思う」のひとことには大爆笑。
これが昆虫の収集だったらナントカ博士、とか言われて、
学校でもヒーローになるんだけどね。
まなくんの気持ち、よーく分かるよ。
そして40歳のおばさんは、
一発でまなくんの大ファンになってしまいました。
これから何があっても変形菌の世界に向かってまっしぐらに突き進め!
他人から言われなくても、
まなくんは自分の力で進んでいくだろうけどね。」

匿名希望さん、かーちゃんさん、
番組がきっかけで変形菌好きの小学校5年生のりつ君が、メールをくれました。
「僕はまな君の回を見て、まな君と会って、
変形菌の話をしてみたいと思いました。
なぜなら、僕も変形菌が好きだからです。」
同年代で同じものに興味がある子、いましたよ!

「変形菌はぼくの友だち」を楽しみ拝見させていただきました。
そこで質問があります。
この男の子の企画はどのように生まれたのでしょうか?
教えてください。
これはKさんからのメール。
担当したディレクター やの によると
「昔、科学番組をやっていたので、生物や科学に興味のある子がいないかなぁ
と思って探しました。」とのことでした。

たびたび自分もあんな時期があったんだなぁと思いながら
しみじみと拝見しています。
こんなメールをくれたのは高校生のゆづきさん。
明日もしみじみしながらご覧ください。

最後にあいさんからのメール。
「先日、変形菌に夢中になる男の子のドキュメンタリーを拝見しました。
すごく探究心があって、純粋で、すごく感動しました。
以前にも歌舞伎を練習する女の子をやってましたが、
その子のひたむきさと、ひとつの事にうちこむ姿に心打たれました、
この番組で、素直で一生懸命な子ども達を見ることができ、
日本もまだまだ捨てたもんじゃないなーと思いました。
いい番組ですね!!」

ありがとうございます。
23日は祭日なので、
ル!に触れてもらえる機会が増えるのでは、
とスタッフ一同期待しています。

変形菌はぼくの友だち
ご覧になっていない方も、ご覧になった方も、お楽しみに!

 saihousouhenkeikin.jpg

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:11:37 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

今夜のカラフル!はアイルランドから


facciaonline.jpg今夜のル!は、
いつでもオンライン」。
アイルランドに住む12歳の少年が主人公。

  動画を作ってネットで投稿してる
  この前の作品は、サイアクの反響・・・・
  もうやめちゃおうかな。


今回は、男子4人が吹き替えに参加してくれました。
おなじみの三人の他に、草場壮一郎くんが主人公の友だち役で初参加です。
左から、櫻本脩平くん、村田裕介くん、児玉直也くん
写真、一番手前が草場くんです。

kusaba.jpg

草場: 初めての吹き替えは、思っていた以上に緊張しました。
      でも、結果的に気持ち込められて、
           うまくいって、楽しかったです。
           僕は、ネットは月に1時間半くらいしかしません。
           ゲームの裏技を調べたりするのが好きです。
           学校でも、インターネットの授業はなくて、
           電子黒板っていうものも見たこともありません。
           今回の番組の主人公が、自分でビデオ作品を作るのをみて、
           自分も編集は是非やってみたいと思いました。
           次は、もっと長い役がしたいです。
           それもちょっと変わった個性的な子どもがいいです。

草場くんの気持ちを込めたセリフも探してみてください。
キーワードは「結構キツイんだよね


unapa.gif今回から、
海外の作品の中にでてくる風習や歴史など、
少し理解しにくところを解説します。
今回は、主人公のジェイクが、
「カトリックの堅信礼(けんしんれい)を受ける」
という話がさりげなくでてきます。
この堅信礼というのは、
キリスト教に入信して、
しばらく信仰を守ったあとに、
自分の信仰の確かさを宣言する儀式です。

このとき、お祝いに物やお金をもらうことがあります。
主人公はそのお金でビデオを買うのですが、
番組でのとてもさりげなく(当たり前のように)紹介されています。
信仰が生活の一部になっていることがわかります。

それでは、「いつでもオンライン」お楽しみに!

online.jpg

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:11:52 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

明日のカラフル!は妖怪が大好きな女の子が主人公


NHKのある渋谷は、朝から雨が降り続いています。
猛暑にうんざりしていたので、久しぶりの雨が嬉しい出勤となりました。

しかしながら、台風の影響で雨風の強い場所もあると思います。
外出の際は、どうぞお気をつけください。

それでは、明日のル!をご紹介すべく、
担当ディレクターにバトンタッチします。

「みんな、いないって言うけど」
nanaka.jpg
妖怪が大好き。
頭の中で座敷わらしと野球やったり、
骨女に相談したり・・・
会ったことはないけど、信じてる。


みなさん、こんにちは!
「みんな、いないって言うけど」を担当した、
ディレクターのくさがやです。

みなさんは、妖怪(ようかい)、知っていますか?
各地に伝わる民話に出てくる、ふしぎなお化けたちのことです。
最近は、水木しげるさんのマンガやアニメを通して知っている、
という子も多いんじゃないでしょうか?

有名なところでは、ろくろっ首、河童(かっぱ)、のっぺらぼう、
さらに、一反もめん、子なきじじい、座敷(ざしき)わらし、などなど、
た~~~っくさんの妖怪が、日本中にいます。

今回の主人公は、妖怪が大好きな6年生の女の子、菜々佳さんです。
菜々佳さんは、民話や妖怪の本をたくさん読んでいて、
いろんな妖怪のとくちょうやエピソードをびっくりするほどくわしく知っています。

ときどき、空想の世界で
妖怪といっしょに遊んだり、話をしたりしている菜々佳さん。
「じっさいに一度妖怪にあって話をしてみたい」と言っています。

"妖怪なんて、いるわけないじゃん"と思っている人も
番組を見て、菜々佳さんの意見に耳を傾けてみてください!


ところで、番組では図書館に通う場面がありますが、
菜々佳さんは本当に本が好きです。
取材やロケの間も、ちょっと待ち時間があると、本に取り出し...
時には、カメラが回っていても、読みふけってしまうほどでした!

菜々佳さんの集中力、すごい!
こうして、すきなことにどっぷりひたってすごす時間って、
宝物みたいに大切だな...と思ったのでした。

tuttinanaka.jpg菜々佳さん一家と、撮影(さつえい)スタッフ。
犬の「ちゅら」は番組には出なかったけど、
撮影中、ほえないでいてくれて、ありがとう!



blog.jpg

お楽しみに!!!

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:11:23 | カテゴリ:お知らせ | 固定リンク
コメント(6) | トラックバック (0)

明日のカラフル!は、少年ボクサー


皆さん、こんにちは。
今日から9月。
通勤電車も、いつもの混み具合になってきました。
まだまだ猛烈に暑く、夏休み気分でいたいのですが・・・
そういうワケにもいきませんね。

明日の放送をご紹介する前に、この夏あった嬉しいニュースを!
「8人と80頭の家族」(2月23日放送)の主人公、萌子さんが
ル!班(NHK放送センター)に顔を見せに来てくれたのです。

編集を担当したカタラオさんも、我々スタッフも"ナマ"萌子さんに感激。
番組の印象のまま、力のある美しい目の持ち主でした。
ご家族・ご親戚の皆さんも交えて、賑やかにおしゃべりした後、
萌子さん達はスタジオパークへ行かれました。

ル!のポスターが貼られた廊下の前で記念写真を撮りましたよ。

100803moeko.jpgお土産にいただいた絞りたてのミルクとバナナケーキ、ご馳走さまでした!
あまりの美味しさにあっという間になくなりました。

ル!班の夏のいい思い出になりました。
ありがとうございました。

さて、それでは明日のル!をご紹介します。
弱い自分に勝ってみたい」を担当したディレクターにバトンタッチ。

こんにちは、ディレクターのコボリです!

「今回の主人公はボクサー」と聞くと、
皆さんはどんな子どもを想像するでしょうか?
ヤンチャで、気の強い子?・・・
いえいえ、今回の主人公は、その正反対で心優しく、
ちょっぴり泣き虫な男の子です。

主人公の優良(ゆら)くんが
ボクシングを始めたのは小学3年生の時。
ボクシングマンガの名作「あしたのジョー」を読んだのがきっかけでした。
泣き虫で引っ込み思案だったという優良くん。
「ジョーのように、強くて最後まであきらめない男になりたい」と、
近所にあるボクシングジムの門をたたき、
1年半に渡って練習を重ねてきました。
実は、"ジョーへの憧れ"以外にも、
優良くんには強くなりたい理由がありました。
それは番組の中で。

「自分を変えるのは、難しい」(優良くん談)。
心を強くしなければならない事は分かっているけど、
なかなかうまくいかない。
さらに、試合の日がどんどん迫ってくる・・・。
強くなりたいと願う男の子の葛藤に、ぜひご注目ください。

今回の番組では、
優良くんを見守る大人にも魅力的な方々が出てきます。
一人は、優良くんのお母さん。
優良くんたち3人のお子さんを育てながら、
看護師の資格を取ろうと猛勉強中。
取材現場では、前向きでとにかくパワフルな姿が印象的でした。
番組の中でも、お母さんの一言一言が
優良くんの"心の変化"に大きく関わってきます。

そしてもう一人は、
優良くんが通うエンジョイボクシングジムの代表の後藤さん。
『今、練習生一人一人に何が必要なのか』を、
常に考えていらっしゃるのを感じました。
番組でも、優良くんに"重要なアドバイス"を送ります。
そして何より、ジムの雰囲気がとっても素敵。
皆さんが真剣に練習に打ち込んでいるのはもちろんですが、
大人の練習生が子どもたちを指導する姿がごく自然に見られます。
「みんなで教え合うことでいろんな視点のアドバイスがもらえるし、
教える側も気づくことが多い」と言う後藤さん。
家族のような雰囲気の中で、
子どもたちもジムに来るのが楽しみになっているようでした。

vorreivincere.jpg

前列の右から2番目が優良くん。番組撮影後、頭を刈上げ(?)にしました。
後列一番左が後藤さん。

20100706115057322.jpg

後藤さんが描いた優良くんの似顔絵。やはり泣いているイメージなんですね・・・。

ジムにいると、
練習生の皆さんから「ボクシングが大好き!」という思いをビンビン感じます。
エンジョイボクシングジムの名前にも込められた
「練習を楽しむくらいにボクシングを好きでなければ上達しない」という教えは、
練習生にしっかりと伝わっているようでした。
優良くんもボクシングをもっともっと好きになって、
どんどん強くなっていくのだろうと勝手に想像しています。

ではみなさん、「弱い自分に勝ってみたい」お楽しみに!



vincereblog.jpg

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:10:37 | カテゴリ:おたより | 固定リンク
コメント(2) | トラックバック (0)

ページの一番上へ▲