2009年5月 5日

おたより、ありがとうございます!


東京はあいにくの雨ですが・・・
きょうは、『こどもの日』ですね。

こどもによる、こどものための
ドキュメンタリー番組「」がスタートして1ヶ月。
こどもだけでなく、こどもを支えるたくさんの大人のみなさんからも
番組の応援をたくさんいただくようになりました。
今日は、番組ホームページ宛に届いた2つのお便りをご紹介します。



ミヤちゃんさん

 アブドゥッラ君の放送を見ました。
トルコへ行ったことはありませんが、
岩が切 り立っていて暑い国なんですね。
アブドゥッラ君がとても頭の良い、礼儀正しい子な のに感動しました。
これは私の偏見なのですが、
チップをねだりに観光客に集まって くる子供って
少し怖いイメージがありましたが、
彼の素晴らしガイドになら自然とチップを渡してしまいますね。
子供らしい部分と現実的な部分が混在する11歳の男の子の
気持ちが伝わる良い放送内容だったと思います。
日本語を吹き替えた男の子も自然な感じがとても良かったです。



まんぼうママさん
 「カラフル」第一回放送の「学校にもどる日」について。
私の息子も5年前、主人公の健太朗くんと同じように
同じ病院で治療を受けていました。
息子が「学校に戻った日」は小学校二年生の時でした。
子供の視点で病院の「闘病仲間」と関わり、
「学校に戻る期待と不安」を語る言葉、
 当事者の一人として感慨深く拝見しました。
その息子もこの春、小学校を卒業して中学に進学しました。
病気を抱える子は新しい環境に移行する時、
通常の子供以上の肉体的・心理的負荷がかかります。
ちょうど、中学の先生に息子の進学に当たり相談している時期に
このオンエアがあったので、
小学校の恩師、中学の先生方にも番組を見ていただくように、
また子供たちの「いのちの授業」などの参考にしていただきたいこと、
伝えました。
6日(水)のSP、楽しみに拝見し、
同じ仲間たちにも勇気を持って進んでいただけ るよう、
広報周知したいと思います。



あしたは、午前10:00~10:45 (教育テレビ)
!SP ぼくの“すみれの兄弟”』の放送です。

こどもの心を伝える番組、これからも応援よろしくお願いします!

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:17:01 | カテゴリ:おたより | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

ページの一番上へ▲