2020年11月24日

2020年11月24日 (火)

わ!・・・わさんのたいか・・・

こんにちは。4代目店主・新井です。

実は私、群馬県出身なんです。

群馬には「上毛かるた」というカルタがあり、子どもの頃、ほとんどの子が覚えます。

当時は、どの県にも同じようなカルタがあって、みんなそれを覚えるのが当たり前・・・と思っていましたが、そうでもないことに気づいた時の衝撃といったら・・・。

 

そのカルタの「わ」の札が、「和算の大家・関孝和」というものなんです。

(カルタの札は「わさんのたいか・せきこうわ」と読みます)

そんなこんなで、群馬県民としてはなじみ深い「関孝和(せき・たかかず)」。

群馬県民以外でも、江戸時代の数学者として、その名前は知っているという人も多いと思います。

 

と、回りくどく、“群馬県民あるある”から始まった今回のブログですが、

次回の主人公は「関孝和」です。

 

江戸時代、空前の数学ブームの中で「算聖」と呼ばれた天才数学者・関孝和。

ところが、当時、身分が高くなかったこともあり、どんな人生だったのか、詳しいことは、

ほとんどわかっていません。

残っている肖像画でさえ、信憑性が疑われているほどです。

番組では、そんな謎の多い人生を紐解き、その生き方から知恵を探ります。

 

ご来店は・・・

 

sekitakakazu.jpg

 

 

 

 

 

サイエンス作家の竹内薫さん

フリーアナウンサーの内田恭子さん

東京学芸大学名誉教授の大石学さんです。

 

是非ご覧下さい!

 

投稿者:店主 | 投稿時間:22:50 | カテゴリ: | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バックナンバー


RSS

page top