2017年12月04日 (月)

道なき道を進む道

 あるプロレスラーが、

引退する際、

「道」という詩を披露しました。

 

「この道を行けばどうなるものか」

から始まり、

「迷わず行けよ、行けばわかるさ」

で締めくくられるその詩に、

小学生の頃の私はいたく感動したことを覚えています。

 

でも、

自分はどんな道を進めばいいのか、

わからなくなってしまう時ってありますよね。

 

そんな時、一体、何を大事にすればいいのか、

そのヒントを与えてくれるような本があります。

 

「武士道」

 

明治時代、

新渡戸稲造が、日本人の内面を海外に紹介するために書いたものですが、

そこには、

今の私たちも学べる知恵がたっぷりと詰まっているんです!!

 

新渡戸が「武士道」に込めたものとはどんなものだったのか?

 

NITOBE2.JPG

 

 

 

 

 

前回に引き続き、

松沢幸一さん、関根勤さん、草原克豪さんと読み解きます!

いくぞー!

1、2、3、ダァーーーーー!!!

投稿者:店主 | 投稿時間:09:35


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2021年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー


RSS

page top