2019年08月29日 (木)お題「太陽」 ~遠藤由佳子~


こんにちは。遠藤 由佳子です。

きょうのFM「ひるどき情報ちば」

東葛川柳会代表、全日本川柳協会副理事長の江畑哲男さんとお送りしました。

img_20190829121736.jpg

************************************

「ひるどき川柳」

お題は「太陽」

佳作は・・・

太陽と距離が縮まる夏休み(福村まことさん)

湿っぽい心をおひさまが包む(やんちゃん)

陽に当てた洗濯物は機嫌いい(春爺さん)

日傘さす男の勇気拍手する(ゆきさん)

太陽も整頓された部屋が好き(岡埜陽子さん)

お日様が商売になるエコロジー(鈴木正義さん)

孫が来た太陽三つかけ回り(としお・のださん)

お日様をパクパク 今日のエネルギー(はなみずきさん)

生けるもの神と崇める陽の恵み(たちあおいさん)

向日葵の性か太陽追いかける(素人さん)

染みと皺 太陽浴びた出勤簿(なでしこさん)

夏休みプールの夕日沈まない(小政さん)

木漏れ日が森をおしゃれに変えている(花キャベツさん)

太陽がはりきり過ぎて熱帯夜(冬子さん)

太陽の死角で好きな人と逢う(澤田正司さん)

下じきで日食を見た昭和の日(さくら草さん)

太陽に挑んだ蜂がいた昭和(あーさままさん)

太陽に歯向う者は死滅する(山田とし子さん)


銀賞は・・・

夏の失恋 太陽に八つ当たり(汐海 岬さん)

☆江畑さんからのコメント☆
恋をテーマにした作品。しかも、「夏の恋」であり、「夏の失恋」。
それだけに、恋を失ったショックも大きい。


金賞は・・・

エアコンから討ち入りをする炎天下(草加せんべいさん)

☆江畑さんからのコメント☆
「討ち入り」が面白い。猛暑にふさわしい、タイムリーな比喩です。
ところでその「討ち入り」。ハテさて、作者はどちらへお出かけなさったのか?


大賞は・・・

太陽を炭酸で割る夏休み(雨径さん)

☆江畑さんからのコメント☆
じつに、思いきった表現。
まるで、清涼飲料水か何かのコマーシャルのようなイメージを思い浮かべました。


次回のひるどき川柳、お題は「白い」です。

締め切りは9月2日です!

たくさんのご投句お待ちしています(^^)

************************************

遠藤 由佳子

投稿者:キャスター | 投稿時間:18時00分

ページの一番上へ