2021/12/27

SDGsの『目標16 平和と公正をすべての人に』とは?

 目標16とは・・・

 

 目標16ではすべての人の命や自由が守られ、安全に暮らせる制度づくりや平和な社会の実現を目指しています。世界には紛争や迫害、人身売買にいつ巻き込まれてもおかしくない人が多くいます。例えば、世界の子どもの10人に1人が働いています(2020年初め)。こうした児童労働をする子どもは2020年まで減っていましたが、新型コロナウイルス感染症をきっかけに2020年に再び増えたとみられています。また、2015年から2020年にかけて紛争によって18万人の民間人が死亡しました。

 すべての人の命や自由を守るには、政府など公的な機関が、汚職や賄賂がなく、多くの人が参加できる政治を行うこと、すべての国や地域で、すべての人が守られる法律を作り、運用されることが必要です。

 なお、日本においても暴力によって安全を脅かされるリスクはあります。例えば、コロナ禍をきっかけに家庭内で過ごす時間が長くなったことにより、児童虐待やDVが深刻化しました。2020年の児童虐待検挙件数は前年から8%増と、7年連続で増えました。

 

テキスト:慶應義塾大学SFC研究所 上席所員 和田恵

 


【目標16についてもっと知ろう】

おすすめ記事・動画をご紹介。

Twitterアカウント「長濵ねるのSDGs日記」で連載中の長濱ねるさんの感想日記とあわせてご覧ください。

 

声に出し 伝えることに 意味はある

┕自分が経験したことがない戦争の悲惨さをどうやって伝えればいいのか。「紙芝居」を通した若者たちの取り組みを追った。

この記事を読んだ長濱ねるさんの感想日記はこちら。

0806_1200声にだし伝えることに意味がある

 

平和をつなぐのは「アルバイト」の若者たち

┕広島で始まった平和をつなぐ新たな活動。それは、担い手を確保するために「報酬」を支払うものです。批判覚悟で始めたという活動の舞台裏に迫ります。

 

崩れゆくトーチカ アートで語り継ぐ

┕崩れゆく「トーチカ」の記憶を伝えるアートは、私たちに何を訴えかけるのでしょうか。

 

被爆体験 “命ある限り”語り継ぐ

┕過去最高齢の「被爆者代表」として、力強く核兵器廃絶を訴えた女性がいます。彼女が命をかけて伝えようとしたメッセージは。

この記事を読んだ長濱ねるさんの感想日記はこちら。

0809_1800被爆体験

 


SDGsのうたを歌ってみよう!

 

『目標16 平和と公正をすべての人に』

争いが絶えなくて 不安なまま暮らす人や
痛めつけられても 守ってもらえない人がいる
危険な仕事をさせられる 子どもたちもいる

 

平和が生まれる 仕組みを作ろう
優しさで支え合う 世界を目指して

 

Sustainable Development Goals
SDGs わたしたちの目標

 

▶ほかの目標のうたはこちら

※NHKサイトを離れます


キーワードから探す

#アイタイプロジェクト#地球のミライ#未来へ17#BeyondGender#環境#世界の話題#教育#貧困#サステイナブル#多様性#働きがい#福祉#子ども#学びたいのに#BeyondGender九州・沖縄#イベント#ジェンダー#SDGsレシピ#超進化論#育児

Sustainable Development Goals

あなたが気になるSDGsの目標は?それぞれをクリック!