2021/12/27

SDGsの『目標15 陸の豊かさも守ろう』とは?

SDGs 目標15「陸の豊さも守ろう」について和田恵さんに解説していただきました。さらに目標15についてもっと知る記事や動画もチェック!

 

 目標15とは・・・

 

 地球の持続可能性を考えるうえで、自然環境を回復させ、生物多様性を保護することが必要なのは説明するまでもないでしょう。2020年までに生物多様性の損失を止めることを目的とした国際目標である「愛知目標」は完全達成できませんでした。野生生物の個体数は減少し続け、レッドリストの評価対象の生物のうち、4分の1が絶滅危惧種に指定されています。

 生物多様性保護のためには、外来種の侵入や野生生物の密猟、砂漠化を防止するほか、生物多様性の保護地域の拡大が必要です。現在の保護地域は、必要な地域の半分しかカバーしていません。特に重要なのは森林の保護ですが、2000年から2020年にかけて世界全体の森林面積は1億へクタール減少しました。

 なお、新型コロナウイルス感染症は動物から人へ感染する人獣共通感染症とみられ、野生生物の乱獲など、人類が生物多様性に負荷をかけ続けると、この人獣共通感染症は増えると言われています。今回の新型コロナウイルス感染症は、生物多様性を脅かすことは人類の生存を脅かすことにつながりうることを示しています。

 

テキスト:慶應義塾大学SFC研究所 上席所員 和田恵

 


【目標15についてもっと知ろう】

おすすめ記事・動画をご紹介。

 

■【記事】世界遺産の影で“壊される山”奄美大島

∟世界自然遺産の奄美大島。貴重な生物の保護が進んでいますが、そのすぐ外では山が削られ、住民の暮らしまで脅かされています。

 

■【記事】宝の山をどう生かす 森林大国・日本 飛躍のカギは

∟木をふんだんに使った建造物が増えている。法を改正し補助金の仕組みを整えて林業を強力に後押しし、日本の木材自給率を20年間で、かつての約2倍、40%近くまで上昇させた。しかしその裏で問題が起きている。国土の7割を森林に覆われた日本で持続可能な林業とは?(2021年9月15日(水)放送)

 

■【記事】人を襲撃し駆除されたヒグマ SDGsの目標は両立する?

∟ことしヒグマが人を襲撃したとして事件になりました。ヒグマを駆除することとSDGsに掲げられている目標は両立するのでしょうか?SDGsからヒグマ問題を考えます。

 

■【記事】自然との共生目指す地域 

∟いま、岩手県内の山あいの地区では、シカやクマなどの野生動物の数が増加し、農作物の被害が続出。猟師が駆除を行う事態になっています。農作物を被害を防ぎながらも野生動物とどう共生していくのかー。模索が続いています。 ※Instagramの投稿はこちらから(外部サイトへ飛びます)

 

■【動画】紅茶から始まる「もやい直し」

∟公害で地域全体が苦しんだ経験をもとに、紅茶農家と多様な人々がつながっています。

 


SDGsのうたを歌ってみよう!

 

『目標15 陸の豊かさも守ろう』

すべての生き物は 自然に守られているのに
人がその自然を 自分勝手に奪っていく
森がなくなってしまうほど破壊されている

 

いろんな生き物が それぞれの場所で
いのち輝かせて 生きていけるように

 

Sustainable Development Goals
SDGs わたしたちの目標

 

▶ほかの目標のうたはこちら

※NHKサイトを離れます


キーワードから探す

#アイタイプロジェクト#地球のミライ#未来へ17#BeyondGender#環境#世界の話題#教育#貧困#サステイナブル#多様性#働きがい#福祉#子ども#学びたいのに#BeyondGender九州・沖縄#イベント#ジェンダー#SDGsレシピ#超進化論#育児

Sustainable Development Goals

あなたが気になるSDGsの目標は?それぞれをクリック!