2023/1/9

SDGsの『目標12 つくる責任、つかう責任』とは?

SDGs 目標12「つくる責任 つかう責任」について和田恵さんに解説していただきました。さらに目標12についてもっと知る記事や動画もチェック!

 

 目標12とは・・・

 

 私たちの生活はたくさんのモノで成り立っています。例えば、世界では毎分100万本のペットボトル飲料が買われています。しかし、地球上の資源は有限です。水や食料などを、自然に負荷をかけずに持続可能な形で生産できる量には限りがあります。今の大量生産・大量消費の生活を支えるために、人類は1年間で地球1.7個分の資源を使っています(2021年)。この使い過ぎてしまった分は将来へのツケとなります。

 大量生産・大量消費社会から、持続可能な消費・生産にシフトするためには、まずは作り過ぎないことです。さらに作る過程で地球環境にかける負荷(汚染など)を最低限にするなど、効率化を図ることも必要です。そして、今あるモノを簡単に捨てないこともあわせて求められます。特に着目したいのが食品ロスで、世界では食料の3分の1が廃棄されていると言われています。日本では年間約600万トン発生しています(2019年度)が、これは国連世界食料計画(WFP)による食料援助(約400万トン)より多くの量を捨てている「もったいない」状態です。

 

テキスト:慶應義塾大学SFC研究所 上席所員 和田恵

 


【目標12についてもっと知ろう】

おすすめ記事・動画をご紹介。

X(旧Twitter)アカウント「長濵ねるのSDGs日記」で連載中の長濱ねるさんの感想日記とあわせてご覧ください。

 

【記事】岩元美智彦さん 服から服へ “完全循環”への挑戦

SDGs_目標12_岩元さん服は資源
古着を回収して新品の繊維に戻し、再び服にする”完全循環”の技術を実現した「日本環境設計」の岩元美智彦会長。いま国内外のアパレルメーカーが、この技術で服のリサイクルを進めています。循環型社会を追求する岩元会長の思いを聞きました。


この記事を読んだ長濱ねるさんの感想日記はこちら。

0528_服から服へ

【記事】プラスチックごみ 最先端のリサイクル技術って?

SDGs_目標12_分ければ資源
脱炭素社会の実現に向けて、これまでの使い捨て一方通行の形から、循環型経済への転換が求められています。


【記事】”見えればつながる”再生プラスチックで新たな一手

SDGs_目標12_見えればつながる
再生プラスチックが何から作られどこからやってきたのかを“見える化”する取り組み。人々がつながることで輪が広がってゆく。


【記事】捨てられる「未使用の建材」に疑問を感じて起業

SDGs_目標12_捨てられる建材
余った建材が未使用のまま捨てられる「建築資材ロス問題」に疑問を感じた1級建築士が起業。未使用建材がなぜ余り、捨てられるのか。捨てていた業者にも、買って使いたい人にもメリットになるビジネスとは?

【記事】変えられるか、流通業界の不文律

SDGs_目標12_変えられるか流通業界の不文律
本来食べられるものを廃棄する「食品ロス」。背景にあるのは、流通業界で不文律とされてきた独自のルールや慣行です


【記事】捨てられるバナナ

SDGs_目標12_捨てられるバナナ
日本人がよく食べるバナナ。実は大量に捨てられているのは知っていますか?バナナが映す消費の裏側を伝えます。

 


【記事】食品ロス減らす秘策は“盛り方”とアプリ ホテルビュッフェの挑戦

SDGSs_目標12_ホテ…
「余ったものは全部捨てていました」こう打ち明けるのは、好きなものを好きなだけ食べられるのが魅力のホテルビュッフェを支えてきた調理長の男性です。その食品ロスをなんとか減らそうと調理長たちが考えたのが、盛り方の工夫とアプリを通じた食品の販売。ホテルならではのおいしさと安全を確保しながら「もったいない」をなくすアイデアです。

 


【記事】食品ロス削減 アジアのフードテック企業が新ビジネス展開

SDGs_目標12_アジア…
アジアで食品ロス(フードロス)削減の動きが続々。シンガポールのフードテック企業は廃棄パンからビールを製造。タイでは売れ残りの商品をアプリで販売・デリバリー。半額程度になるものもあり、食品の値上げが続く中、客から喜ばれている。

 


【記事】カブトムシが廃棄物を減らす?双子の兄弟の挑戦

SDGs_目標12_カブトムシ双子
カブトムシの力でゴミを資源化するビジネス。双子の兄弟が立ち上げたスタートアップ企業が目指すのは食料不足の解消です

 


【記事】使い終わったランドセル、押し入れに眠っていませんか?

SDGs_目標12_ランドセル
卒業とともにその役目を終えるランドセル。使うあてはないけれど…という人も多いのでは。“再生”を考えてみてはいかがですか?

 


【記事】家電は使う前からリサイクル?

SDGs_目標12_家電は…
リサイクルは廃棄時だけ、というのは時代遅れ。環境に配慮した商品開発の最前線を取材しました。

 


【記事】普及進むか “水平リサイクル”

SDGs_目標12_水平リサイクル
6月5日は、環境保全への関心と理解を深めようと国連が定める「世界環境デー」です。環境を守るために私たちが日常の中でできること。その1つに「リサイクル」があります。近年、さまざまな製品がリサイクルされるようになり、環境への関心も高まる中で、今、「水平リサイクル」と呼ばれる方法が注目されています。

 


【記事】気候変動を止めるためにできる”ねるさんのアクション”は?~リデュース、リユース、リペア、リサイクル~

SDGs_目標12_気候変…
誰もができる、気候変動を抑制するためのアクション。個人のアクションから大きな変化へつながります。ねるさんとともに身近なところから始めてみませんか?

 


【記事】プラスチックを服にリサイクル『サステイナブルファッション』最前線

SDGs_目標12_サステ…
リサイクルにエコ、エシカルなどサステナビリティを考慮したファッションの展示会が、4月に都内で開催されました。世界中から最新の製品や素材が出展されていました。その中から『ペットボトルから服などを作るサービス』や『古着からつくられた服』などについてご紹介します。

 


【記事】岡山発 地球にやさしいジーンズ

SDGs_目標12_岡山ジーンズ
世界中の人に愛されているジーンズ。皆さんも一度は手にされたことがあるのではないでしょうか。一方で、製造工程は環境に負荷をかける側面もあり、世界的な課題にもなっています。こうした中、日本のジーンズ製造の現場で、地球にやさしいジーンズを作りたいと奮闘する製作者を取材しました。 (BS1「Ethical Every Day」ディレクター 小藤理絵)

 

この記事を読んだ長濱ねるさんの感想日記はこちら。

1108_1800デニム_3

 


【記事】気候変動を止めるためにできる”ねるさんのアクション”は?~環境に配慮した製品を選ぶ~

SDGs_目標12_気候変…
誰もができる、気候変動を抑制するためのアクション。個人のアクションから大きな変化へつながります。ねるさんとともに身近なところから始めてみませんか?

 


【記事】捨てる食材をディナーに サーキュラーエコノミーの最前線

SDGs_目標12_捨てる…
捨てられるはずだった食材が驚きの料理に。循環型経済の先進地、オランダでは様々な循環型ビジネスが広がっています。

 

この記事を読んだ長濱ねるさんの感想日記はこちら。

 


【記事】着られなくなった衣服の“末路”とは…

SDGs_目標12_着られ…
うずたかく積まれている「衣服」。古着屋に持ち込まれたり、寄付に出されたりしたのち「捨てられた衣服たち」です。その“末路”とは…

 

この記事を読んだ長濱ねるさんの感想日記はこちら。

 

 


SDGsのうたを歌ってみよう!

 

『目標12 つくる責任、つかう責任』

みんなが買っている 食べ物や商品は
作られすぎていて たくさん捨てられている
このままじゃ やがて作る材料が足りなくなる

 

買いすぎないで 簡単に捨てないで
みんなで工夫して
無駄をなくしていこう

 

Sustainable Development Goals
SDGs わたしたちの目標

 

▶動画はこちら

※NHKサイトを離れます


キーワードから探す

#アイタイプロジェクト#地球のミライ#未来へ17#BeyondGender#環境#世界の話題#教育#貧困#サステイナブル#多様性#働きがい#福祉#子ども#学びたいのに#BeyondGender九州・沖縄#イベント#ジェンダー#SDGsレシピ#超進化論#育児#人権#目標9#目標1#目標2#目標3#目標4#目標5#目標6#目標7#目標8#目標10#目標11#目標12#目標13#目標14#目標15#目標16#目標17#スポーツ#スゴEフェス#ちきゅうラジオ#ファッション

Sustainable Development Goals

あなたが気になるSDGsの目標は?それぞれをクリック!