2021/12/27

SDGsの『目標10 人や国の不平等をなくそう』とは?

SDGs 目標10「人や国の不平等をなくそう」について和田恵さんに解説していただきました。さらに目標10についてもっと知る記事や動画もチェック!

 

 目標10とは・・・

 

 SDGsの理念は「誰一人取り残さない」です。年齢、性別、障害の有無、人種、民族、出自、宗教、経済的地位、性的指向によって差別されず、全員が発展の恩恵を受けられる社会が望まれます。

 2020年には人種差別に対する抗議活動「ブラック・ライブズ・マター」が世界中で広がりました。また世界で特に不平等な立場に置かれているのは、難民や移民です。2020年には世界の約320人に1人が難民であり、この割合は2010年から倍増しました。

 国内においては、所得が低い人を支援して経済格差を小さくすることや、どのような立場の人でもあらゆる場面で平等な機会を得られるようにすることを通じて、平等の拡大を進める必要があります。また国同士の平等の確保もあわせて求められており、例えば国際会議で途上国の発言力の拡大や、途上国の人が出稼ぎ先の先進国から故郷にお金を送る仕組みづくりが求められています。

 日本でも外国人の居住者が近年増えています。格差を小さくするとともに、人種などの多様性を受け入れ、強みにする取り組みが求められるでしょう。

 

テキスト:慶應義塾大学SFC研究所 上席所員 和田恵

 

【目標10についてもっと知ろう】

おすすめ記事・動画をご紹介。
X(旧Twitter)アカウント「長濵ねるのSDGs日記」で連載中の長濱ねるさんの感想文とあわせてご覧ください。

 


【記事】タリバン復権から2年 アフガン避難民の暮らしは今

SDGs_jinken_tariban
アフガニスタン西部で10月7日に発生した地震によって、これまでに2000人以上(10月10日時点)が死亡したと伝えられています。今どんな支援が求められるのか取材しました。

 


【記事】弁護士・東俊裕さんに聞く合理的配慮 ~障害者差別解消法制定から10年~

SDGs_jinken_gouriteki
障害者の意見を聞き、社会の中にある困りごとを解消する、合理的配慮。障害者差別解消法の制定に奔走した弁護士で車いすユーザーの東俊裕(ひがし・としひろ)さんを取材しました。

 


【記事】娘を救った父の絵本

SDGs_jinken_ehon
きっかけは娘が学校で肌の色をからかわれ、いじめを受けたことでした。最愛の娘を救った絵本に込められた父の思いとは

 


【記事】毛が嫌われている!? “脱毛ブーム”いったいなぜ?

SDGs_目標10_脱毛
街の看板や鉄道の中、インターネット上で脱毛クリニックの広告をよく目にします。性別や世代を超えた“脱毛ブーム”の背景を取材

この記事を読んだ長濱ねるさんの感想日記はこちら。

230629_脱毛ブーム



 


【記事】「ルッキズム」って?“見た目”で悩む人に、今知ってほしいこと

SDGs_目標10_ルッキズム
ルッキズムって?“見た目”で悩まなくていいの?ルッキズムに苦しみ、過度なダイエットや自分を否定してきた経験がある女性に、「大人にこそ知ってほしいルッキズムのこと」を聞きました。

 


【記事】体型をからかわれているあなたと、かつて「横綱」と呼ばれた自分へ

SDGs_目標10_かつて横綱
かつて「横綱」と呼ばれた少女から、今、ルッキズムの呪いの中にいるあなたへ、伝えたいことを書いてみます。

 


【記事】“容姿”と”笑い” どう考えますか?

SDGs_目標10_容姿と笑い
これまで「お約束」ともされてきた笑いに対して、論争が起きたり、SNSで炎上したりするケースが相次いでいます。その典型例が容姿に関するネタで、厳しい目が注がれています。一方で、お笑いの世界からは、戸惑いや悩みも聞かれます。容姿と笑いについて、どう考えますか。

 


【記事】職務質問30回 身に覚えはないのに…

SDGs_目標10_レイシ…
人種や民族などで職務質問や取り調べをする対象を選別するレイシャルプロファイリングがあるのではないかと東京弁護士会が指摘

 


【記事】僕がスカートをはく理由

SDGs_目標10_スカート
「女らしさ」「男らしさ」といった枠にはめるような価値観を見直そうという動きは、学校現場でも広がろうとしているものの…

 


【記事】「あの髪型、坊主にされました」美容師が始めた“校則改革”

SDGs_目標10_坊主
「ツーブロックだと事件や事故に遭う」都議会での教育長の答弁です。理不尽な校則を改革するため美容師の男性が闘っています。

 


【記事】「聾者は障害者か?」若者の問いかけ

SDGs_目標10_聾者は障害者か
「聾者は障害者か?」。そう問いかけられたなら、私は思わず答えに窮してしまうだろう。しかし、ある高校生が、この問いかけを力強く全国に向けて発信した。生まれてからずっと耳が聞こえず、そうした環境で生きてきたことを、誇りに思っている女性だ。今、「多様性」ということばが頻繁に世間で飛び交っている。そのことばの意味を問い直すきっかけとして、ぜひ、彼女の文章を読んでほしい。

 


【記事】どうする?新生活のコミュニケーション

SDGs_目標10_どうする
「ろうを生きる難聴を生きる」が、ハートネットTVの新企画「#ろうなん」シリーズとしてリニューアル!聞こえる・聞こえないなどの違いをこえて、新生活のコミュニケーションのヒントや大英博物館の手話ガイドなどさまざまな話題を紹介します。初回は、番組のロゴを手がけたグラフィックデザイナーの岩田直樹さんと、言語聴覚士の資格を持ち、難聴の当事者の視点から暮らしやすい社会を提案、発信している志磨村早紀さんと一緒にお届けします。

 


【動画】【手話で楽しむ】センスがキラリ 世界の文具をめぐる

SDGs_目標10_手話文房具
世界各国のセンスが光る文具の逸品を巡る。イタリア・ミラノで見つけたメッセージカード。これは18世紀から続く名店のもので、職人が手作業で彫った銅板でプリントされている。ウズベキスタンからはオアシスに水を求めてやってきたコウノトリをかたどったハサミ。筆記具の歴史をつくってきたとも言われるドイツからは、ダイヤモンドがあしらわれた美しいペンを紹介する。(世界はほしいモノにあふれてる)

この記事を読んだ長濱ねるさんの感想日記はこちら。

SDGs_目標10_手話文房具感想

 


【記事】広がる「電話リレーサービス」 私が登録した理由 #ろうなん 5月号

SDGs_目標10_電話リレー
「電話リレーサービス」をご存知ですか?聞こえない人や聞こえにくい人が通訳オペレーターを通して電話をかけられるサービスで、聞こえる人が聞こえない人に電話をかけることもできるようになりました。これまでは民間でサービスが行われていましたが、去年、公的な制度としてスタート。新たな公共インフラとして期待されています。利用手順や活用例など、「電話リレーサービス」を詳しく紹介します。

 


【記事】ろうを生きる 難聴を生きる▽“手話×カフェ”誕生!~自分らしく働ける場※字幕 初回放送

SDGs_目標10_手話カフェ
6月東京に誕生したカフェ。スタッフの7割以上が聴覚障害者、店内共通言語は「手話」。聞こえない人たちが自分らしく働くための「手話×カフェ」オープンを見つめました。

 


【記事】電車の通過音はビューン?ヒューン?音が見えると…

SDGs_目標10_電車
電車が駅のホームを通過する音。ふだんあまり意識していないこの音を初めて知った人たちがいます。きっかけはエキマトペでした。

 


【記事】“できる喜びが爆発” 障害者とeスポーツ

SDGs_目標10_eスポーツ
"eスポーツと聞いてどんなイメージを思い浮かべますか。コアな世界?若者に人気?コンピューターゲームの対戦を競技として行うeスポーツ=エレクトロニック・スポーツは今…

この記事を読んだ長濱ねるさんの感想日記はこちら。

SDGs_目標10_eスポーツ感想




SDGsのうたを歌ってみよう!

 

『目標10 人や国の不平等をなくそう』

生まれた場所 肌の色 性別や信じるもの
いろいろな人がいて いろいろな国がある
だけど世界の豊かさは平等じゃない

 

あらゆる人が 同じように
幸せのチャンスを 分け合えるように

 

Sustainable Development Goals
SDGs わたしたちの目標

 

▶ほかの目標のうたはこちら

※NHKサイトを離れます


キーワードから探す

#アイタイプロジェクト#地球のミライ#未来へ17#BeyondGender#環境#世界の話題#教育#貧困#サステイナブル#多様性#働きがい#福祉#子ども#学びたいのに#BeyondGender九州・沖縄#イベント#ジェンダー#SDGsレシピ#超進化論#育児#人権#目標9#目標1#目標2#目標3#目標4#目標5#目標6#目標7#目標8#目標10#目標11#目標12#目標13#目標14#目標15#目標16#目標17#スポーツ#スゴEフェス#ちきゅうラジオ#ファッション

Sustainable Development Goals

あなたが気になるSDGsの目標は?それぞれをクリック!