2021/2/24

子どもたちに“未来への希望”を

アーティストの鈴木掌さんは画家として活動するかたわら、東アフリカのルワンダに渡り、絵を通じて現地の子どもたちを支えています。

 

「自分が生み出したものに価値があると信じることが一番重要」

 

鈴木さんは、ルワンダに定期的に通って、現地の貧しい子どもたちに絵を教えています。斬新な色使いのシマウマや、迫力たっぷりのライオン。子どもたちが描く絵、一枚一枚には魂のこもった彩り豊かな世界が広がります。

その絵を鈴木さんは一枚数千円(ルワンダの1ヶ月の生活費に相当)で買い取り、日本で販売。売り上げを本人たちに還元しています。

「私たちにはすばらしい未来があると思えるようになった」

これまで貧しさから将来像を描けなかったという子どもたちに、希望の光が見え始めています。

 

国際報道2021公式サイト

※NHKサイトを離れます


キーワードから探す

#アイタイプロジェクト#地球のミライ#未来へ17#BeyondGender#環境#世界の話題#教育#貧困#サステイナブル#多様性#働きがい#福祉#子ども#学びたいのに#BeyondGender九州・沖縄#イベント#ジェンダー
Sustainable Development Goals