2024/4/11

「不登校から始まる学びとは?」(前編)

学校に行かなくなった子どもたちはどう学んでる? 傷つき、疲れ切った時期から回復まで~

▶不登校30万人 学びも多様化しつつある

2022年度の小中学生の不登校の人数はおよそ30万人(202310月文部科学省)。10年前の倍以上に増えています。不登校の子どもたちの学びを保障するため、文部科学省も教育支援センターや学びの多様化学校(旧不登校特例校)の拡充、フリースクール等の民間施設との連携を進めるなど様々な支援を行っており、学校以外に学べる機会や場所は少しずつ増えてきました。

 しかし、実際に子どもが不登校になった保護者からは、「うちの子は家から出ようとも思えない」「人と会いたくない」「傷ついて無気力になっている」「学ぶなんて当分先の話」などの声も。不登校になった子どもたちの多くが傷ついたり疲れ切ったりしており、すぐに学びの場に向かったり何かに取り組んだりはできないという状況もあります。そんな状態の子どもたちは、どのような過程を経て、再び何かを学んだりするようになるのでしょうか?

  この記事ではNHKスペシャル「学校のみらい」に登場したフリースクールで講師を務める古山明男さんに伺ったお話をまとめています。

 

▶はじめは「“学ぶ”どころではない」

Nスペ「公教育改革」ECS_ecs_backup3584-8146

古山明男さん(多様な教育を推進するためのネットワーク代表)


 古山さんは、千葉県内の様々なフリースクールをまわったり、ホームエデュケーション(学校ではなく家庭を拠点として様々な社会資源を使い学ぶこと)の子どもたちの集まりに出向いて、彼らの学びや育ちを支えてきました。学校の学びだけではない、『多様な学びを推進するネットワーク』の代表でもあります。35年以上にわたって不登校の子どもたちに勉強を教えたり、一緒に遊んだりして向き合ってきた古山さん。最初は家から出ようとも思えない、学ぶどころではないという状態の子どもたちについて、このようにおっしゃいます。

 休養させることが大事だとよく認識して、そっとしておいてあげる。時間はかかるんだけど必ず回復してきます」

▶不登校の子どもが 無表情無反応なのはなぜか

古山さん

古山さん
「典型的な不登校の外から見たときの様子にはいくつか特徴があります。一つが、無表情無反応なんです。声をかけても反応しない。それからゲームしかしない。子どもはみんなゲームが好きなんですけれども、ゲームしかしないことはないですね。ほかの子と遊んだり。でもゲームだけしかしないのはやっぱりちょっと尋常じゃないです。風呂も入れなくなる。最低限の食事、それも家族と一緒には食べなかったり。それから、身体症状が出てきます。朝起きられないのが一番多いのですが、腹痛、頭痛、チックが出る。理由を聞いてもわからないんです。これが不登校の大きな特徴でしてね。何が起きているのか、など周りに意識がいかなくなってしまうんですね。ポヤーっとしちゃってる。それから人と会うのを極端に怖がるんです」

 「子どもは非常に追いつめられると、メインスイッチみたいなのが、ばたんと切れちゃう。どういう時にそのメインスイッチが落ちるかと言いますと、逃げることもならず、闘うこともならずという状況に追い詰められる。それがずっと続く。野生動物だとしますと、普通敵が来れば逃げます。いよいよ逃げられなくなると、しょうがないから攻めて戦います。それも封じ込められますと、じっとしてなきゃならない。そのうちに、本人の立場からすると、なんだか人の言葉がよく入ってこないような状態。他人から見ると無表情・無反応になる。それから朝起きられない、お腹が痛い、頭痛がする人がかなり多い。これが学校に行かないことが確定して、昼頃になると症状がなくなるんです。仮病じゃないかと言われるんですが、そうじゃないんです。これは、ほんとに本人が苦しんでる症状なんですね。

  でそのメインスイッチ切れちゃいますとね、コミュニケーションが非常に難しくなる。いろんな対応ができなくなって、言葉も耳に入らないような状態になって。そうなりますとクラスメートや先生がやっぱり突っつくんですよ。『お前一体どうしたんだ』と。『何か言えよ』とか。そうすると、対応能力を失っているから、何もかも怖いんです。また怖いことされたと、一層顔面蒼白に。言葉も出ない、無反応・無表情になって、ただ朝起きられなくなって学校来れないと。そういう感じになっていきます」

v1-4

古山さん

「周囲の皆が休養させることが大事だということをよく認識してそっとしておいてあげると、ぐっと抜けるが早くなります。再び動けるようになるまで、じっと暖め続けなければなりません。簡単には回復できないのです刺激の少ない生活を送り、批評やアドバイスを避け、暖かい人間関係を提供します。本人にとって思いっきり楽しいことをすると、回復が進みます。時間はかかりますが、必ず回復してきます

▶一
歩踏み出すとき
 そんな状態を経て少し回復してきた子どもたちが、安心して第一歩を踏み出せるような場を、古山さんは主催しています。

Nスペ公教育_渥美_backup3709-8146 - コピー - コピー

〈週に1日の外遊びの場「森でどんじゃらほい」〉

 

週に1日、平日の昼間に森で自由に遊ぶ「森でどんじゃらほい」というイベントです。いつ来てもいつ帰ってもよく、みんなでやる遊びに参加しても、一人で過ごしても構いません。取材にお邪魔した日は、開始時間を過ぎて、ぽつりぽつりと子どもたちが集まってきました。最初は一人でゲームをしている子、女の子同士でおしゃべりをしている子、スタッフと話している子など、それぞれが好きなように過ごしていましたが、やがて自然にバドミントンが始まったり、大縄跳びを始めたりする子たちもいました。午後には鬼ごっこや綱引きなどに裸足になって参加して走り回る子も。昆虫採集に夢中になる子や、ピアノを弾く子もいました。

Nスペ公教育_渥美_backup3721-8146 - コピー - コピー

Nスペ公教育_渥美_backup3713-8146 - コピー - コピー

休日の公園のように自然発生する遊びに活発に参加する子どもたち。でもここに来る前は、人と会うのも怖かった子もたくさんいます。そんな子たちを怖がらせず、安心して遊べるように、決めていることがあるといいます。

■自然の中で行うこと

■(大人は)口出しせず、放ったらかさず

■プレーリーダーの存在

 

古山さん

「外に出てこられるようになった子でも、ちょっとの刺激でもう怖くて逃げ込んじゃうわけです。大丈夫だよという条件を作ってあげようと思って開設した場です。まず自然の中がいいです。煮詰まらないんですね。何か興味関心が多いし、身体動かす余地があるし。一人でもぽつねんとしていられる。それからスタッフ同士でこう打ち合わせしてます。‟口出しせず、ほったらかさず”。アドバイスされるとか、どうしたの?これやんない?頑張りましょうね、なんて言われるとほんと辛い。一切口出ししないんだけれど、さりとて、忘れられた存在になるってのまた辛いんです。だからちょこっと、これ食べる?とか何気なくちょんちょんとあなたの存在認めてますっていうメッセージ出すことです」

 

▶プレーリーダーの存在

 自然発生的に始まったように見えたバドミントンや大縄跳び、鬼ごっこ。実はそこには、プレーリーダーの存在がありました。子どもたちの輪の中にさり気なくいて、子どもたちに声をかけたり、高いところに登りたい子を支えたり、キャッチボールの相手になったり全体に気を配っていました。この日初めて参加した子もいて、最初はみんなから離れたところにいましたが、プレイリーダーや古山さんが時々声をかけたりているうちに、少しずつ輪に加わっていました。

古山さん

「プレーリーダーは多少身体を動かせるようになってきた時に遊び相手になる。それからちょっかいの出し方の上手な人。本格的に遊び出した時に、特に低学年の子は加減を知らないんです。これは口でお説教したって絶対に伝わらないんです。でも、木に登るとき体重をあずけてどうぞと登りやすいようにしたり、ちょっと持ち上げたり振り回したり。手加減の感覚とか、ちょっと気遣いの感覚を伝えてるんですよね。これはね、人間と人間の関係でなきゃならない部分。それをプレーリーダーが入って自然に伝えて。思いっきり身体を使って元気になると同時に社会性の一番大事な部分が発達してるんですね」

 

Nスペ公教育_渥美_backup3710-8146 - コピー - コピー

Nスペ公教育_渥美_backup3719-8146 - コピー - コピー

▶安心して遊べると子どもたちに変化が訪れる

古山さん

 「人が怖くなくなるんですね。お互い遊んでる姿見ますよね。そうするとあいつはすごく積極的だとか、あいつは少し引っ込み思案だとか、こいつ時々ずるするぞとか、お互いが見えてくると、付き合いやすくなるんです。ただ室内で座ってるだけだとなかなか相手の素性がわからないんですね。で、きゃあきゃあ言って、遊んでいるとね、怖くなくなるし親しみを持てるんですね。こういう段階が、何か月も続きます

 
こうした段階を経て、時間をかけて徐々に打ち解けていくと、フリースクールなどに通い始めたくなる子も。古山さんが講師を務めるフリースクール「まなびスペースCOCOCARA」には、「森でどんじゃらほい」などで知り合った子どもたちが通ってきています。ここでも遊んだり、自由に好きなことに取り組めることを大切にしています。

Nスペ公教育_渥美_backup3735-8146

 

▶遊びは“安心”をもたらす そこから“学び”へ

古山さん

「子どもが安心するまでは、お勉強にはならない。ほんとうの意味でのお勉強ですよ。表面的なことを詰め込んで覚えさせることはできますけれども、子どもが安心するまでは、頭が働かないというのが自分の経験でした。子どもが緊張しているために、先生の言っていることが、何がなにやらわからない、という状態になっていることが、よくあります。大人のわれわれもストレスがあるときに、人の言葉を聞いているけれどウワの空、テレビを見ても内容は理解していない、ということがありますが、そんなような状態です。当然、お勉強もわからない、友人関係もできないのですが、それを訓練で乗り切ろうとすると、たいてい失敗します。とにかく遊ばせる安心させる。遊べていれば安心できていますからね」


▶遊びの中から生まれる「理由なき情熱」
 古山さんは、遊びの中に自然な学びがあるといいます。鬼ごっこなどでは身体運動。昆虫採集などを通して、博物的知識を身に着ける。面白がっていることを伝え合ったり、絵を描いたり、踊ったり、芸術や思想も育まれます。そうした遊びから子どもたちの中に「理由なき情熱」が生まれてくると古山さんは言います。

Nスペ「公教育改革」ECS_ecs_backup3602-8146 - コピー (2)

古山さん

「なんの説明もつかないけれど、その子が情熱を燃やしてやりたがること。それぞれの人の理由なき情熱は、その人の人生目的に関係しているのです。子ども一人ひとりが何か人生目的を持って生まれてきている。いろんな子どもを見てきてそうとしか言いようがないようなことがあります。早いうちから傾向としてあらわれてきます。とにかく外へ公園へ行こうって飛び出して動き回る身体を動かしたがるタイプ。道具箱を引っ張り出してじこじことんとん始めるタイプ。何かお友達同士でぺちゃくちゃぺちゃくちゃ今日あの先生がね、こんなふうでね、なんて話している、社会性タイプ。それから部屋の片隅に行って本を読んでいるタイプ。他にもいろいろいろ。すぐ踊り出す、歌をうたい出す、絵を描きたがるとか。そういう傾向があまり変化しないんです。その子の、本当の情熱がほとばしっているところで付き合うと、ほんとうにその人自身が現れてくる感じになって。一生もののお役に立てたなという実感があるんです」

 

Nスペ「公教育改革」ECS_ecs_backup3601-8146 - コピー - コピー

わからない、できない、失敗したは悪いことではないと伝える

古山さん
この人は危害を加えない”ということを実感してもらうことです。そうでないと、子どもは逃げ回り、ただの答え出し屋になり、あるいは尋ねられただけでフリーズするようになります。不登校になる前後の数年間の、恐怖に満ちたところから、口をきくようになり、憎まれ口をきくようになる。逃げ回る、ふざけて話をそらす、叩いてくる、暴言を吐く、そういう子どもたちが多いです。それに対して『ああ、そうですか。遊びへのご招待ですね』と、丹念に相手をしてやり、好き放題させては上品にブレーキをかけ、賞罰を使わずに、なんとか対話が成り立つ状態にもっていく、というのが私の仕事です。その段階を叱らない。だけど、ちょいちょい方向づけする。力づけてあげる。そこで最も重要なものが形成されている。  

私はわからない、できない、失敗したは悪いことをしているのではないよ。叱られないよ。と伝え、実際に不利益を与えないよう工夫し続けています。

最も重要なのは、子どもと接する本当の細部まで、ノンバイオレントであること。『勉強しないとニートになっちゃうよ』『えんまさまに舌抜かれるよ』とかその手のことを言わない。優しい態度でも、誘導するようなことはしない。『成績で20番以内に入ったらディズニーランドに連れてってやるぞ』などとご褒美で釣らない。罰を与えない、競争させない、人と比べない。賞罰を使えば、簡単にそれなりの授業を作れます。でも、私は頑固に土作りをしています。何か月かかっても何年かかっても、それがベストのことだと思っています」

 

 

▶苦しい不登校の経験 振り返ればポジティブな側面も

古山さん

「不登校を経験すると、よい事もあります。‟自分が何をしたいのかわからない人間を育ててしまう“ことを免れることができるのです。不登校初期の、非常に追い詰められ、フリーズし、うまくコミュニケーションが出来なくなってしまった状態から回復する過程では、自分がしたいことしかやれないという、長い期間があります。そのため、そこから戻ってきたときには、自分が何をしたいのかわかる人間になっています。人とのコミュニケーションがうまくできなくなる時期には、たいへんな、孤独と恐怖を味わいます。しかし、そこから戻ってきたときには、人と本当につながる喜び、自然や動物と交流できる喜びが、わかるようになっています」

後編では、古山さんが理事を務めるフリースクールの一つで行われている学びについて詳しくご紹介していきます。

 

※NHKサイトを離れます