ことばウラ・オモテ

患者様、被害者様

最近、病院関係者と話をすると、「患者様の立場に立った医療」とか「患者様の安全を守るために」などということばを聞くことが増えてきました。

一方で、何か不都合なことをした企業の釈明会見では「被害者様にはまことに申し訳なく」という表現を耳にします。

「患者」「被害者」に「様」が付くのかと異様な感じを受けます。

どこまで許せるかを考えると、「者」には「様」が付きにくいように感じます。

「患者様」は、どうやら厚生労働省の通達で「患者には敬称を付けるように」という意味の内容が全国に流れたことがあったようです。

本来、個人個人の名前に敬称を付けたほうがよいという意味だったようですが、単純に「患者」に「様」を付けた言い方が広まったと考えられます。

「様」の使用はこれまでにも、官公庁から個人あての郵便物の宛名が「殿」だったものを「様」に変える動きがあったことと無関係とは思えません。

「様」を付ければ、敬意を表すということだけがひとり歩きし、抽象的で無名の「患者、被害者」にも付ければ敬意を表すと考えられたのでしょう。

これまでも敬称は書きことばの中では多彩に使われ、「様、殿、閣下、猊下(げいか:僧りょなどへの尊称)、丈(歌舞伎俳優など)、関(相撲)、先生・・・・」とさまざま使い分けられてきました。

しかし、話しことばでは、そのように多く使われません。なぜなら、話しことばでの敬語は、相手に向かってはそのような多様な尊称は使わないのが普通ですし、話の中に出てくる第3者に対する敬語でも限られた範囲の敬称しか使われません。その範囲では「様」が一般的に使われてきました。

公式の場での発言でも、話しことばが中心になり、書きことば的な表現はめっきり少なくなりました。また、文化庁が出している敬語についての考え方はなるべく簡易な敬語を適切に使うという方向になっています。

これらの背景もあって「様」さえ付ければ、という考えが広がったのかもしれません。

「患者様・被害者様」がおかしいと考えた場合、「患者の皆様・被害者の皆様」があろうかと思います。これは名詞句にして主語をはっきりさせたいという考えとしては納得できますが、「病気になった方々、通院している皆様、被害を受けた皆様」などと言いかえることもできます。

ただし、こういう言いかえはよく考えないと的はずれな言い方にもなります。

本来、おわびしたり、相手を本当に立てたい場合はそのくらいの努力をして、ことばを適切に選ぶべきではないでしょうか。

「患者様・被害者様」を簡単に使う裏には、実は「患者」や「被害者」を十分考えていないための貧弱な表現力と感じるのは、考えすぎでしょうか。

(メディア研究部・放送用語 柴田 実)