ことばウラ・オモテ

早々の年賀状

これから年賀状をお書きになる方も多いと思います。

忙しいと、どうしても発送が遅れがちになり、年が明けてから賀状をしたためることもあります。

元旦に郵便受けを開けて、いただいた年賀状を見ると、「あっ!この人には出していなかった」ということがままあります。

あわてて、「早々の賀状ありがとうございます」と添えて出すこともありますが、ちょっとお待ちください。

「早々の賀状を・・・」という文章は、使える相手が限られていると言います。

「早々(ソウソウ)の(に)」「早々(ハヤバヤ)と」などいろいろな言い方がありますが、いずれも自分と同輩か、自分より下かでなければ使えないと考える人もいます。

つまり、先輩や、お世話になった人などには使えないという考えです。

律儀にきちんと元日に届くように年賀状をくれた目下の人に対するねぎらいが含まれているということです。ねぎらいですから、目上には使えないという論理になります。

「早々の賀状を・・・」は最近の決まり文句になってきた感じもしますので、何の抵抗もなく書いている人も多いと思います。

ではどうすればいいか?

新年早々におわびも感心しませんので、年末の忙しさ、近況をお知らせし、「賀状が遅くなって申し訳ない」と添えるのがひとつの方法です。

もう一つは、新年明けてのトピックを書き、明けてからの賀状であることを明らかにする方法があるそうですが、これは開き直ったような印象を与え、「旧年中に賀状を書くのはおかしい」といわんばかりのことなので、使えるかどうかは相手によると思います。

さて、年賀状の配達については、旧年中に郵便局に届いた賀状は区分され、元日まで保管されます。

元日には大きな集配局では「配達出発式」が行われ、家々に配達されます。

2日は配達がないことがありますが、3日以降はさみだれ式に配られることになります。

ここで「早々組」の年賀状が発生するわけですが、郵便局ではこれらの賀状を「戻り年賀」と呼んでいるそうです。

「戻りがつお」は脂がのっておいしいものですが、「戻り年賀」はなるべく早めにフレッシュな内容でお出しするのが肝心かもしれません。

(メディア研究部・放送用語 柴田 実)