最近気になる放送用語

「ざるそば」?「もりそば」?

「ざるそば」と「もりそば」とは、どう違うのでしょうか。

この2つは「違う食べ物だ」と考える人がかなりいるのですが、「『もりそば』という言い方にはなじみが薄い」という人も多いのが現状です。放送ではわかりやすさを優先して基本的に「ざるそば」を使うことにし、両者を区別する必要がある場合には、説明を付けたうえで「ざるそば」と「もりそば」とを使い分けるようにするのがよいのではないでしょうか。

解説

古くは、麺(めん)に汁をつけて食べるスタイルのそばは「そばきり」と呼ばれていました。江戸時代になると麺にあらかじめ汁をかけた状態で供する「ぶっかけそば」(現在の「かけそば」)がはやりはじめ、伝統的な「つけ麺」タイプのものはこれと区別するために「もりそば」と呼ばれるようになりました。これは、せいろや皿に盛られていました。

一方、江戸時代の中期に、ある店が御膳そば(そばの実の中心部分のみを使ったもので、白っぽい)を「ざる」に盛って売り出しました。ここに、「もりそば」と「ざるそば」の共存・すみ分け時代が始まりました。

明治時代には、器が「せいろ・皿」か「ざる」かということのほかに、「ざるそば」のほうにはみりんを加えたコクのある汁を添えることによって「もりそば」とは明確に区別していたそうです。

アンケートの結果では、「『ざるそば』はよく見かける(『もりそば』はほとんど見かけない)」と、「両方とも見かけるが、それぞれ指すものが違う」という人が、それぞれ同じくらいいることがわかりました。前者の「ざるそば専用派」は【女性・若年層】に多く、後者の「使い分け派」は【男性・非若年層】に多い結果になっています。また、【関西・中国・四国・九州沖縄】といった西日本では「ざるそば専用派」が過半数、反対に【北海道・関東・甲信越】では「使い分け派」が過半数と、地域差も現れています。全体的に見ると、「もりそば」が廃れつつある様子がうかがえます。

現代では「のりがかかっているのが『ざるそば』」とも言われていますが、そば好きの人に言わせると「のりをかけるのは邪道で、そばの香りを邪魔するだけだ」ということだそうです。私は、けっこう好きなんですけどねえ。

「ざるぞば専用派」と「使い分け派」(NHK放送文化研究所ウェブアンケート、2010年1~2月実施、585人回答)

(メディア研究部・放送用語 塩田雄大)