放送現場の疑問・視聴者の疑問

「とんでもない」→「とんでもございません」という言い方は?

「とんでもない」という語をていねいに表現したつもりで、「とんでもございません」という言い方をよく耳にします。誤用ではないでしょうか。

「とんでもございません」という言い方は今や広く使われていますが、「伝統的語法ではない」と強い抵抗感を示す人もいます。放送では本来の使い方をよく認識したうえで安易な使用は避けたほうがよいでしょう。

解説

「とんでもない」の「ない」は、「だらしない」「みっともない」などの「ない」と同じで、現代語では形容詞の一部として一語化されている語です。つまり、「~ない」までを全部含めてひとつのことばです。例えば、否定の助動詞の「ない」を使った「自信がない」を「自信がございません」などと言いかえる語法とは基本的に違います。したがって、「とんでもない」の「~ない」の部分だけを言いかえた形の「とんでもございません」「とんでもありません」という言い方は「伝統的な語法ではない」とされています。

ただ、このような言い方は慣用的な表現として広がり一般化が進んでいます。国語辞書の中には<一語化した形容詞だが「みっともない」などとは違って、「とんでもありません」「とんでもございません」の形でも使う>(『明鏡国語辞典』大修館書店)<相手のことばを強く否定して(中略)「とんでもありません」「とんでもございません」の形で使う>(*『広辞苑 第6版』岩波書店)と記しているものもあります。(*『広辞苑 第5版』には、この記述はない。)

また、文化庁の文化審議会も平成19(2007)年2月に文部科学大臣に答申した「敬語の指針」(「第3章 敬語の具体的な使い方」)の中で「とんでもございません」について次のような解説を記し容認する方向を打ち出しています。「『とんでもございません』(『とんでもありません』)は、相手からの褒めや賞賛などを軽く打ち消すときの表現であり、現在では、こうした状況で使うことは問題がないと考えられる」

このように、「とんでもない」の「~ない」を「~ございません」「~ありません」と言いかえた語形の「とんでもございません(とんでもありません)」という言い方は、今や慣用的な表現として一般化し相当広く用いられています。しかし、この言い方に対しては「本来の表現ではない」「伝統的な語法ではない」「誤用だ」として強い抵抗感・違和感を持つ人がいます。また、国語辞書の中にも上記のような語形を示している辞書のほかに、「とんでもない」の語釈に付けた語誌(ことばの語源や語形・用法などの歴史を記述したもの)の中で次のように記している辞書もあります。<「とんでもない」の丁寧体は、「とんでもないことでございます」が本来であるが、近時、全体で一語化した表現の「とんでもない」を、「面白くもない」「見る影もない」などの表現からの類推で、誤って「とんでも=ない」と分離させた結果生じた、「とんでもありません」「とんでもございません」の形を耳にすることも増えている。>(『日本国語大辞典 第2版』小学館)

こうしたことから、放送では本来の使い方・伝統的な語形・用法をよく認識したうえで安易な使用は避けたほうがよいでしょう。「とんでもない」をていねいに表現する場合の語法として、次のような言い方があります。「(~なんて、)とんでもないです・とんでもないことです・とんでもないことでございます」

(『NHKことばのハンドブック 第2版』p.148、p.57参照)

(メディア研究部・放送用語 豊島 秀雄)