放送現場の疑問・視聴者の疑問

「檄(げき)を飛ばす」

野球やサッカーなどスポーツのニュースや中継番組で、監督が選手を強い語調で激励したり元気づけたりするときに「○○監督が選手にゲキを飛ばしました」という言い方を時折耳にします。この言い方は間違っているのではないでしょうか。

近年よく耳にする言い方ですが、そのような場合に「 檄(げき)を飛ばす」と言うのは、本来の言い方・使い方ではありません。「檄(げき)」を「激(・)励」の「激」と取り違えたために起きた語法とみられますが、もともと「檄」には「激励する」「励ます」という意味はありません。

解説

「檄(げき)」は「檄文」とほぼ同義で、もともとは「召文(めしぶみ)」や「触文(ふれぶみ)」などの文書を指します。「檄」について国語辞書は「①古代中国で、招集または説諭のための文書。木札を用いたという。めしぶみ。さとしぶみ。②相手の悪い点をあばき、自分のすぐれている点を述べて、世人に同意を求める文書。現代では特に、一般大衆に自分の主張や考えを強く訴える文章。檄文。ふれぶみ」と2つの意味を示しています。そのうえで、この語を使った「げきを飛(と)ばす」について「人々を急いで呼び集める。また自分の主張や考えを、広く人々に知らせて同意を求める」(『日本国語大辞典 第2版』小学館)と記しています。

このように本来「檄(げき)」とは文書のことで、「檄を飛ばす」のは(文書で)人々を呼び集めたり同意を促したりすることです。「檄」は人々に対して肉声・口頭で伝えるものではなく、また「檄を飛ばす」には「激励する」「励ます」という意味も含まれていません。

NHK放送文化研究所が「檄(げき)を飛ばす」の意味について、平成12年(2000年)11月に全国の満20歳以上の男女2,000人を対象に調査したことがあります。それによりますと「長嶋監督は選手を集めて檄(げき)を飛ばしました」という文例について、「おかしい」と答えた人は全体の1割にも満たず(8%)、これに対し9割近く(86%)の人たちが「おかしくない」と答えていました。この結果から、「檄(げき)を飛ばす」が本来の意味や使い方とは違う形でかなり広がっていることがうかがえ、現に監督やコーチが選手を「しった激励」する場合などに用いられているのはご指摘のとおりです。しかし、先に引いた辞書は「檄を飛ばす」の記述の中で「誤って、がんばるよう激励するように用いられることもある」と付記しているほか、「俗に激励の意で用いるのは全くの誤り」(下線は筆者)と明記している辞書もあります。

放送では、それぞれのことばの持つ本来の意味や使い方を知ったうえで、その場の雰囲気や状況に合わせた的確で分かりやすい言い方・表現をするように努めるべきでしょう。

ところで、以前スポーツ紙か雑誌の紙面で、「(監督が)選手にを飛ばす」という表記を見かけたことがあります。編集者が「檄(げき)を飛ばす」の「げき」を「激励」の「激」の意味と取り違えていたためでしょうか、あるいは本来の意味と使い方を十分わきまえながらも、この業界お得意の「当て字」を使う表現で、あえて「檄」を「激」に置き換えて用いたのでしょうか。

なお、「檄を飛ばす」の「檄」は表外字(常用漢字表にない字)なので、放送での表記は「げきを飛ばす」です。番組の制作上、漢字を使う必要がある場合にはルビを振って漢字を使うこともあります。

(『NHK新用字用語辞典 第3版』p.160参照)

(メディア研究部・放送用語 豊島 秀雄)