NHK文研フォーラム2016

現在のインターネット動画の利用実態を探る

~ウェブ調査とグループインタビューの結果から~

公開:2016年6月1日

20代を中心とした動画の詳細な利用実態を,新たに実施したウェブ調査を中心に,20代が対象のグループインタビューの結果も交え,報告する。

今回のウェブ調査では,15~19歳,20~50代の各年層で「数分の投稿動画」「テレビ番組動画」が比較的よく見られていること,ある程度まとまったくつろぎの時間に動画がよく見られていることを確認した。また,20代の動画ユーザーについては,「通勤・通学中」「夜,家でくつろいでいるとき」など生活の中の具体的ないくつかの場面において,見る動画タイプや目的にやや特徴がみられ,状況と目的に合わせ,最適な動画を判断して視聴している傾向が見出された。

なお,この内容は,3月に実施された文研フォーラム2016で行った報告に基づくものである。

世論調査部 塚本恭子

※NHKサイトを離れます

全文を見る PDF(1,662KB)

英文サマリー