「0%」の読み方

公開:2020年8月1日

Q
「0%」の読み方は「レーパーセント」「ゼロパーセント」どちらだろうか。
A
NHKの放送では[レーパーセント]という読み方を原則としています。
ただし、ないということを強調する場合は[ゼロパーセント]と読むこともあります。伝えたい内容によって判断してください。

<解説>

「0」の読み方には、漢字「零」の音読みである[レー]と、英語の「zero」に由来する[ゼロ]とがありますが、放送では、原則として前者の[レー]を使っています。

うしろに単位など助数詞がついた場合も同様で、[レー]と読むことを原則としています(例:0回、0点、0ポイントなど)。

ただし、ないことを強調する場合(「0(ゼロ)金利」など)や、固有の読み方が決まっている場合(「海抜0(ゼロ)メートル地帯」「0(ゼロ)歳児」など)は[ゼロ]と読みます。

また、今回の質問にある「0%」のように[レー]と読むことを原則としつつ、場合によっては[ゼロ]と読むことのある語もあります。

(参照:『NHKことばのハンドブック第2版』)

メディア研究部・放送用語 山下洋子

※NHKサイトを離れます