関西テレビの番組での"差別的発言",BPOが放送倫理違反とする「意見」

BPOの放送倫理検証委員会は,1月24日,関西テレビが2019年4月と5月に放送したバラエティー番組『胸いっぱいサミット!』について,放送倫理に違反するとの「意見」を公表した。

問題になったのは,日本と韓国の外交をテーマにした回で,4月6日の放送では,女性出演者の「韓国ってね,手首切るブスみたいなもんなんですよ」といった発言が紹介された。検証委員会によると,収録された番組を事前に視聴した考査担当者が「考査的には放送できない言葉である」として,一連の表現のカットを求めたが,制作側から,「韓国」とは韓国人ではなく国を指しており,国の政策を批判する表現として放送するのは問題ないとする見解が示され,5月18日放送の回でも同じ出演者から同様の発言があったが,そのまま放送したという。

しかし,同局が自己批評番組を収録した際,コメンテーターが局側の見解を厳しく批判。対応を協議した結果,「視聴者の皆様への配慮が足りず,心情を傷つけてしまう可能性のある表現であり,そのまま放送するという判断は誤りだった」と見解を改め,番組で謝罪した。

また,外部有識者の委員会も「広く韓国籍を有する人々などを侮辱する表現であって,公共性の高いテレビ番組では放送されるべきではなかった」という見解を同局に提言していた。

検証委員会はこれらの見解を支持し,民放連の放送基準に「人種・性別・職業・心情などによって取り扱いを差別しない」といった規定があることをふまえ,番組は「放送倫理に違反するものだった」と判断した。

塩田幸司

※NHKサイトを離れます