参院選や都知事選,各局でネット配信

7月10日に行われた第24回参議院議員選挙の開票に合わせて,NHKと民放各局では,放送と同じ内容をインターネットに同時配信,もしくはネット独自のライブ配信を行った。

同時配信を行ったのは,NHKとテレビ東京である。NHKは2014年の放送法改正後,災害や重要なニュース発生時には放送と同内容を同時にネットにも提供してきたが,選挙報道は初めてであった。『参院選2016開票速報(全国)』及び開票日から一夜明けた11日朝の『おはよう日本』を同時配信した。テレビ東京は『TXN選挙SP池上彰の参院選ライブ』の同時配信を行ったが,これはテレビ東京の定額動画配信サービス「テレビ東京ビジネスオンデマンド」上での実施であった。

ネット独自のライブ配信は,フジテレビの「ホウドウキョク」と,テレビ朝日とサイバーエージェントが共同運営する「AbemaTV」の番組『みのもんたのよるバズ』で行われたほか,北海道文化放送も実施した。このほか,TBSのCS有料チャンネル,TBSニュースバードのスタッフがネットオリジナル選挙特番の『激突!選挙スタジアム2016』を制作,これについては無料で提供する取り組みも行われた。

また7月31日の都知事選でも,TOKYOMXが「エムキャス」上で同時配信し,「ホウドウキョク」と「AbemaTV」でもライブ配信が行われた。

ネット選挙が解禁となり投票年齢も18歳に引き下げられた今,若年層の政治への関心を高めるためにも,各局がネット配信を行う意味は大きい。ライブ配信では独自の切り口も目立った。今後も注目したい。

村上圭子

※NHKサイトを離れます