調査研究ノート

劇作家・飯沢匡の幼児向け番組台本を読む①

~『おかあさんといっしょ』初期人形劇の変遷~

公開:2024年6月1日

幼児向け番組『おかあさんといっしょ』(NHK、1959~)は今年放送開始65年を迎えた。同番組には放送作家、作詞・作曲家、人形・造形作家、アニメーション作家など、数多くの外部クリエーターが参加しているが、初期の番組を支えた一人が劇作家の飯沢匡である。
飯沢は同番組内で23年にわたり、8つのシリーズの人形劇台本を書いた。映像や台本などが十分保管されておらず、これまで内容が十分把握されていなかったが、遺族から寄贈された台本によって検証が可能になった。
飯沢は劇作家だけでなく、ジャーナリスト、人形アニメーションの演出家などとして、戦後の日本文化において多彩で独自の活動を展開した。本稿では、飯沢の中でテレビの幼児向け人形劇がどのように位置づけられ、そこで何を伝えようとしたのかを、放送台本と周辺資料をもとに3回にわけて明らかにする。
本号では、飯沢が幼児向け人形劇を手がけることになった経緯に触れ、『おかあさんといっしょ』における最初の人形劇「ブーフーウー」(1960~1967)と、2作目の「ダットくん」(1967~1969)の内容を検証する。

メディア研究部 高橋浩一郎

【あわせて読みたい】

NHK幼児向けテレビ番組の変遷-NHK

調査研究ノート 初期『おかあさんといっしょ』失われた映像を探る-NHK

※NHKサイトを離れます

全文を見る PDF(1,958KB)

英文サマリー