開催日
2021年 3月5日(金)

放送メディアやNHKの存在意義が大きく問い直されるなか、今後の社会における“公共”の在処を考えることなくしては、“公共”放送や放送の“公共性”の姿は見えてこないのではないでしょうか。多様なフィールドで活躍する方々の“実践的”公共性論に耳を傾けます。

<登壇者>
パネリスト/
■国谷 裕子(ジャーナリスト)
■小松 理虔(ローカルアクティビスト)
■宮田 裕章(慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授)

司会・進行/
■三宅 民夫(アナウンサー)

問題提起/
■村上 圭子(NHK放送文化研究所 メディア研究部 研究主幹)