文研ブログ

メディアの動き 2023年07月13日 (木)

【メディアの動き】カナダ,プラットフォーム事業利益の報道機関への分配を義務づける

 カナダ議会は6月22日,Google(Alphabet)やMetaなど検索エンジンやソーシャルメディアのプラットフォーム事業者に,ニュース記事の掲載で直接・間接的に得るデジタル広告収入などの利益の一部を報道機関に分配することを事実上,義務づける「オンラインニュース法(OnlineNewsAct)」を可決・成立させた。

 同法は事業者に報道機関との交渉を義務づけ,一定期間内に合意が得られない場合は,監督機関(CRTC)のもとで調停者の判断により決着させられる。

 オーストラリアが2021年に導入した制度を参考にした。

 企業との間の力関係の不均衡に配慮してメディアのグループによる交渉を認め,一定の透明性を持たせるため毎年,独立監査も実施する。

 対象となるメディアやIT企業の認定基準,CRTCによる監督や調停の方法など,具体的な施行規則は官報で発表し,広く意見を募ったうえで確定させる。

 カナダ政府は,同法の施行は民主主義に不可欠なニュースメディアの存続のために必要で公正な措置だとしている。

 一方,同法に反対してきたMetaはカナダでは自社プラットフォーム上でニュースを閲覧させないようにすると発表。

 Googleも検索結果にカナダのニュース記事リンクを掲載しないなどの対応をとると表明した。

 新法はカナダ政府によるニュースメディア支援策の一環で,カナダではこのほか,報道に携わる労働者の雇用費の25%分の税控除や,オンラインニュース購読費の15%分の税控除,地方のニュースの空白地帯などで公的機関や公的課題を取材するジャーナリストの雇用費補助などが実施されている。