FAQ

BS4K、BS8Kは、どうすれば視聴できますか

「視聴方法」のページをご覧ください。

また、新4K8K衛星放送の視聴方法については、(一社)放送サービス高度化推進協会の
「新4K8K衛星放送」を視聴するために、我が家はどうすればいいの?(※NHKサイトを離れます)でも、紹介されています。

新たにBS4K、8K放送を受信した場合、受信料の追加負担はありますか

〇既に衛星契約いただいているお客様には追加負担はありません。

〇BS1、BSプレミアム、BS4K、BS8Kは、全て衛星放送であり、放送受信規約第1条第2項で、「衛星系によるテレビジョン放送を受信できるテレビジョン受信機を設置した者は衛星契約を締結しなければならない」と規定されています。

地上波でも4K・8Kは放送しますか

現在、地上波による4K・8K放送の具体的な計画はありません。

BS4K・BS8Kの放送時間は1日何時間ですか

BS4Kは、午前6時00分〜翌日午前0時00分の1日18時間
BS8Kは、午前10時00分〜午後10時10分の1日12時間10分です。

EPGの4Kマーク 8Kマークはどういう意味ですか?

BS8Kで放送する8K画質の番組のタイトルには8Kマークを、BS4Kで放送する4K画質の番組のタイトルには4Kマークを付け、EPGをご覧になったときに確認しやすいようにしました(2019年1月11日から実施)。 ただし、BS4Kでは8K制作の番組を4K画質で放送することもあり、その場合には4Kマークを付けています。BS4Kでは過去の名作ドラマなどの画質を技術的な処理を施した上でより高い質感の映像で楽しんで頂く番組も放送しています。

BS4K・BS8Kの音声について教えてください

番組によって異なりますが、BS4Kは通常、5.1チャンネルサラウンドとステレオあるいはステレオ音声のみで、BS8Kは最大で、22.2マルチチャンネル音響と5.1チャンネルサラウンドとステレオの3つの音声モードで放送しています。
なお、22.2マルチチャンネル音響で制作したBS8Kの番組を、そのまま変換(ダウンコンバート)してBS4Kで放送する番組では、ご家庭の視聴環境に応じた立体音響をお楽しみいただくことができます。
番組の音声モードは、テレビ画面などに表示される番組表の音声モードマークをご確認ください。(例 音声モードマークの例

従来のハイビジョン放送(総合 Eテレ BS1 BSプレミアム)はどうなりますか

これまでと変わらず引き続きご覧いただけます。

番組を残したいが、4Kレコーダーや8Kレコーダーは発売されていますか

4Kレコーダーについては、複数のメーカーから発売されています。8Kについては、メーカーや機種によって異なりますが、HDDタイプの専用録画機や外付けのHDDで録画できます。家電販売店でご確認ください。

BS4K・BS8Kの録画回数はどうなっていますか(コピー制御について)

BS4K・BS8K放送では、地上・BS(2K)デジタル放送と同様に、対応した録画機で、放送番組の録画・再生ができる仕組み、「ダビング10」を運用していきます。

ACASチップとは何ですか

〇4K8K対応受信機には、新しいCASのプログラムを書き込んだ「ACASチップ(LSIチップ)」が搭載されます。

〇ACASチップは、4K8K放送の著作権保護機能と限定受信機能(特定の条件を満たす人が受信できる)を有する他、B-CASの機能も有します。

ACAS番号を確認するにはどうしたらよいですか

BSプレミアム、BS4K、BS8Kのデータサービス「メッセージ消去のご案内」から確認ができます。また、チャンネルをBS1、BSプレミアム、BS4K、BS8Kに合わせ、リモコンの青ボタンを5秒以上押し続けることで確認ができます。

ACASチップの受信機ではどのようにしてメッセージを消せばよいですか

B-CASカードの場合と同様に、NHKにお名前・ご住所・ACAS番号をご連絡いただくことにより、メッセージを消去します。