BSトピックス スペシャルコラム
ドキュメンタリー
2016年12月21日

ノミの市で一獲千金!!〜"お宝"を掘り当てろ!!フランス アンティーク旅〜 BY 鈴木浩

「ノミの市でお宝を掘り当てろ!」それが、プロデューサーから与えられた命題。正直ヤバイと思いました。お宝なんてそんな簡単に見つかるもんじゃないでしょう?と。ところが調べてみると、出るわ出るわ、世界各地のノミの市で毎年のようにお宝発見のニュースがあるんですね。発見された絵や宝飾品に何十億円もの価値がついたという夢のような話が現実に起こっているんです。

それならと、大いなる野望を抱いてフランスにやって来たのは、相楽樹さん。今年、朝ドラ「とと姉ちゃん」でブレイクした注目の女優です。もともとアンティークや雑貨が大好きで、趣味のカメラはフィルム式のアナログ。ふだんは古着ファッションでおしゃれして、純喫茶(なつかしい響き〜)などレトロな場所を訪ねるのが楽しみなんだそう。今回は、10万円を“自腹”で用意。まさにガチンコ勝負で、掘り出し物を探します。パリのノミの市で買い物をするのは初めてという相楽さん。しかも、言葉も通じないというのに、掘り出し物を連続してゲットします。ビギナーズラックなのか、彼女の買い物センスの良さなのか、“持ってる”彼女に、番組スタッフ一同が感謝したのは言うまでもありません。あ、言い忘れていましたが、この番組では、買った品物をパリの専門家が厳しく鑑定をするというルール。意外なものに高値がついたり、期待したものに思わぬ落とし穴があったり、撮影現場で体験したドキドキ感を、ぜひ御覧になる皆さんにも楽しんでもらいたいと思います。


パリのノミの市は、ガラスや食器などの生活雑貨に混じって、レコードやおもちゃ、キツネのはく製まで、「棺桶以外は何でも売っている」といわれるくらい何でもありのカオスな状態。そんな中、相楽さんが一つ目のターゲットに選んだのは、「銀」でした。銀製品はフランス人の暮らしに深く関わっていて、赤ちゃんが誕生したら銀のスプーンを贈り、結婚などのお祝いごとにも欠かせない大切なアイテム。昔、貴族たちには「食卓の芸術」という考え方がありました。テーブルを飾って最大級のもてなしを目指したのです。このことが、装飾性豊かな銀製品を生み出したのだといいます。相楽さんは、純銀を見分ける必勝法を教わります。はたして彼女が買ったものは?そしてその鑑定結果は?


さらに、相楽さんは、日本風の西洋陶器を発見。その歴史を調べるうちに、18世紀、フランス王侯貴族から絶大な人気を誇った“幻の陶器”の存在を知ります。相楽さんはその陶器を求めて、南フランスの絶景の村を訪ねます。


ロケの初日、ノミの市で普通に買い物をする大女優、カトリーヌ・ドヌーブの姿を見かけました。老舗のオークションハウスには、一般人も参加できて、年間延べ168万人もの人たちが訪れるそうです。フランス人にとってアンティークは、昔のものではなくて、“今”の生活を豊かにするものなんですね。古いからダメなのではなく、古いからこそ良いと、考えているんです。番組では、豪華な貴族の暮らしから、掘り出し物の見分け方まで知って得する情報が満載。御覧になった方々がアンティークに少しでも興味を持つようになってもらえればうれしく思います。

放送予定
“お宝”を掘り当てろ!!フランス アンティーク旅
[BSプレミアム]12月25日()夜9:00~10:29

鈴木浩(すずき ひろし)

【コラム執筆者】
鈴木浩(すずき ひろし)

ディレクター BSプレミアム「美の壺」などを担当。今回の番組をきっかけに、日本の骨董市巡りを始めようと思っています。