キャッスル通信

2018年 1月12日 ノートちゃんが…ひめ

人間の女の子の姿になったノートちゃんは、ずっと眠り続けたまま。タカティンの「15個のめざまし時計」作戦でもマスーニョの「ニワトリの鳴き声」作戦でも、 まったくめざめません。それどころか、うじゃ虫をよびおこしてしまうしまつ…。しかし、うじゃ虫をたいじすると、ノートちゃんのまぶたが!!

めざめたノートちゃんは、記憶がぼんやりしているようす。しかし屋上で仲よく話したランたんが話しかけると少し思い出したのか、「ランたん」と名前をつぶやきました。さらに、セイコーの名前も! しかしレンのことはまーったく思い出せないようで、レンはショックを受けていました。。

呪いにかかった5人もともと知り合いだったようです。かれらはノートちゃんひめと呼ぶのですが、なぜか姫のことを恐れているみたい。ただ、タケちゃんだけは「姫をお守りしないと!」と言ってノートちゃんにつきまとっています。。

ちなみにゾースは「にぎやかすぎる」と苦情のあった部屋に行って「アニメ化された」とのこと。二次元になって疲れたらしいですが、いまは元にもどっているので、「めでたしめでたし」といたします。

ビットキャッスル管理組合 キャッスル通信編集部


追記:本日リモコンで退治たいじしていただいたうじゃ虫は675,906匹でした。ご協力ありがとうございます。