キャッスル通信

2017年 6月16日 「神かくし」にあったゾースのその後について

ビットキャッスルの屋上にある神社のおふだを、うっかりはがしたために「神かくし」にあってしまったゾース。 その後については、まったくわかっていません。
しかし、当管理組合に入った情報では、ゾースを追いかけて神かくしにあったレンとともに、 キャッスル神社という、ふしぎな場所にいるようです。

その神社には、神にお仕えする「ミー」「コー」という女性がいるとのこと。守り神「ウジャムしん「お出かけ中」なんだそうです。

レンゾースが元の場所にもどるためには、ウジャム神呼び戻さなければなりません。 しかし、ミーコーは、ウジャム神を呼び出す「神おろしの舞」のおどりかたを、忘れてしまったそうです。

そこでゾースが「おどりのことなら…」と思い出したのが、伝説のダンサー・クリキング! なぜか空中から舞い降りたクリキングは、すごくカッコよくおどりきりました。
ミーコーもそのすがたにメロメロ。クリキングコーチしてもらって、 しっかり「神おろしの舞」をおどることをちかっていました。
ということで、もうすぐウジャム神があらわれ、レンゾースビットキャッスルにもどしてくれるハズです。 みなさま、もうしばらくお待ちください。 また、ノートちゃんがつぶやいたあらたなコトバの解読もお願いします!!

ビットキャッスル管理組合 キャッスル通信編集部


追記:本日リモコンで退治たいじしていただいたうじゃ虫は583,284匹でした。ご協力ありがとうございます。