キャッスル通信

2017年 2月10日 ノートのひみつがバレる

屋上で見つかったノートは「予言のノート」であることをレンとゾースがつきとめました。
ビットキャッスルで起きたさまざまな出来事は、このノートに書かれた事で現実となっていたのです。

このノートを使いきってしまった事により、セイコーたちが規則正しくなりすぎたり、不思議な事が起こらなくなるなどビットキャッスルの「まじめ化」が進行してしまったのです。

屋上の自動販売機じどうはんばいきで売っている新しいノートがあれば元の不思議で楽しいビットキャッスルにもどす事ができるかもしれません。
新しいノートを手に入れるにはカオスダマ1億個が必要です。
住人のみなさま、カオスダマ集めにさらなるご協力をよろしくお願いします。

また、大量のうじゃ虫がむらがるかべのあなが見つかりました。
その先にはなぞの空間が広がっているようですが、くわしいことは不明です。
住人のみなさま、管理組合までぜひ情報をおせください。

ビットキャッスル管理組合 キャッスル通信編集部


追記:本日リモコンで退治たいじしていただいたうじゃ虫は439,625匹でした。ご協力ありがとうございます。