キャッスル通信

2016年 5月13日 「住民ぬいぐるみ化事件」

ゆくえ不明になっていたエンジニアのマスーニョが無事に帰ってまいりました。
FBI、アメリカ連邦捜査局れんぽうそうさきょくの発表によると、 5963号室「無料であそべる巨大クレーンゲームの部屋」の住人は、国際的に指名手配されている凶悪犯きょうあくはんだったようです。 ゴリラの着ぐるみで顔をかくし、部屋に入った住民をふしぎな力でぬいぐるみに変えてゲームセンターの景品にするという、ゆるされない犯罪行為を行っていました。 マスーニョもその被害にあったものと思われます。

凶悪犯FBIがアメリカに連れ帰り、マスーニョ以外の住民のみなさんも無事救出されております。 なお、現在5963号室は封鎖ふうさされておりますので、住民のみなさまには近づかないようお願いいたします。 また、今後は警備担当のアスミンによる巡回じゅんかいを増やし、マンションの安全管理体制を強化いたしますので、ご安心ください。

ビットキャッスル管理組合 キャッスル通信編集部


追記:本日リモコンで退治たいじしていただいたうじゃ虫は321,862匹でした。ご協力ありがとうございます。