新常識オブ新常識 美肌部門「美肌菌」

2020年9月24日(木)BSプレミアム 午後8時00分~午後8時59分

6年間ありがとう!新常識オブ新常識


新常識オブ新常識 美肌部門「美肌菌」


次なるテーマは「美肌」。
これまで紹介してきた新常識、 代表的なものだけでもこんなにありました。

  • ビタミンCの実力 肌を若々しく
  • 発見!味噌(そ)パワーの美肌効果
  • 赤血球を増やして肌を明るく
  • 大切なのは愛!? オキシトシンの美肌パワー
  • フレッシュな汗で美肌を取り戻せ!
  • 美肌をGET!甘酒活用術
  • コーヒーは神秘の美肌ドリンク
  • リンパを極めて美肌になる!
  • 強い乳酸菌・発酵食品で美肌に
  • 美肌の危機! 毛細血管が消える?

これらの中から、選ばれた「新常識オブ新常識」が、こちら!
「美肌菌 “自分力”をいかす最新お肌術」

すべての女性の憧れ、それは美しい肌。
高価な美容液を買っている女性も多いと思いますが、
当番組は、どんな美容液にもひけをとらない、美肌菌の存在を、世の中に先駆けて紹介しました。

こちらがその表皮ブドウ球菌。美肌菌とも呼ばれています。

2010年、この菌に美肌効果があることを発表し世に知らしめたのが、 皮膚常在菌研究の第一人者、出来尾格さんです。
顔の表面にある美肌菌は、肌にどんないい効果があるのでしょうか?

「美肌菌は、グリセリンという物質をたくさん分泌していまして、それで肌を保護して水分を保つような作用があります。」(出来尾さん)

美肌菌が住んでいるのは、皮膚の一番外側にある角質層の付近です。

美肌菌は、肌の表面に多くいますが、角質層内部の隙間にも住んでいます。

市販の化粧品の場合は、当然、角質層の外側から保湿効果を発揮しようとします。
しかし美肌菌は、いわば肌の内部、角質層内でグリセリンを出すため、潤い効果を肌の内側からも、高めることができるのです。

美肌菌を増やしたところ、肌の水分量が、およそ1.3倍に増えたという実験結果もあります。

この美肌菌は、どうやったら増えることができるのか。
挑戦したのは、野呂佳代さん。
出来尾さんのもとを訪ね、実験を始めるまえに美肌菌の量を測りました。
結果は20,000個という数字に。

ここから2週間のチャレンジです。

出来尾さんのアドバイスをもとに作った、最初のルールがこちら。

朝の洗顔は、洗顔料禁止。

理由は、美肌菌が流されてしまうから。
朝は、水だけの洗顔です。

ただし夜の洗顔は、洗顔料もOK。
外から帰ったときは汚れを落とす必要があるためです。

注意すべきは、洗い方。
ゴシゴシこすらず、泡洗顔で。

そして2つめのルールは、寝る前の軽い運動。
わざわざお風呂のあとにやるのが、ポイント。
美肌菌が夜に食べるエサ、汗をかくのがいいんです。

赤い丸は、洗顔のあと角質層の中に残っている美肌菌。
黄色が皮脂。水色は汗。

その汗と皮脂が残って入れば、それをエサとして美肌菌はゆっくりと増えていくのです。

そして3つ目の秘策が、ヨーグルト。

でも、食べるのではありません。

ふたを開けてみると、上にうっすらとある液体、 ホエー液といって、ヨーグルトから染み出した成分を使うのです。

「ヨーグルトに含まれる、ホエーというものの中には、乳酸菌が作ったものが入っていて、美肌菌を増やすと考えています。」(出来尾さん)

この液体を使い、こうしてドライタイプのパックを浸すと、 出来尾さんオススメの、ヨーグルトパックの完成。

出来尾さんは、1日5分から10分、週2回ほどを勧めています。

2週間の育菌生活をした結果、 肌菌が8,000個も増えました!

「ホエーパックは、肌質が人によって肌質が違うので、いきなり顔につけないで、腕の内側の柔らかいところにパッチテストのように乗せて、何時間か置き、発疹ができていたり、かゆみがないかなどを事前にチェックしたほうがいいと思います。」(宇山さん)

和田明日香の美と若さの新料理

美と若さのお手軽動画

連続企画 もうすぐ30歳 玉ちゃんのキレイになりたい

NHKオンデマンド

Page Top