うるおう体のゴーヤギュー

2020年6月11日(木)BSプレミアム 午後8時00分~午後8時59分

ドライシンドロームを防げ!粘膜美人の秘けつ


うるおう体のゴーヤギュー


「今回作る料理は、粘膜を潤してくれる”粘液”を増やすゴーヤを使いたいと思います。ドライシンドロームを防ぐ、名づけて『うるおう体のゴーヤギュー』です。」(和田さん)

ゴーヤに含まれるシトルリンは、血管を広げる作用があるので血行が良くなり、粘液の分泌が期待できるそうです。

(材料)2人分

ゴーヤ……150g
塩……少々
紫玉ねぎ……1/4個
牛肉(しゃぶしゃぶ用)……150g

にんにく……1/2片
ライム……1個
ナンプラー……大さじ1
砂糖……小さじ2

(作り方)

まず、ゴーヤを縦半分に切り、種とワタを取り除き、薄切りにします。

ゴーヤの苦みをとるために、塩をまぶしてもみます。

沸騰したお湯で、ゴーヤをゆで、苦みを和らげます。

このお湯は後ほど使いたいので、ゴーヤだけすくいます。

次は、玉ねぎを薄くスライスして、水にさらし、辛みを抜きます。

さきほどゴーヤをゆでた後のちょっとぬるいお湯で、牛肉をしゃぶしゃぶします。

熱々の熱湯でやると、肉がかたくなってしまうので注意。
このぐらいのお湯で、ギリギリ火が通ったかな、ぐらいでザルにあげてください。

今度はタレ作り。
にんにくのみじん切りに、ライムをたっぷり1個入れ、 ナンプラーと砂糖を混ぜたら出来上がり。

先ほどの玉ねぎをギューと絞って水気を切って、このタレに入れ、 さらに、ゴーヤ、牛肉を入れます。

よく和えたら、器に盛りつけます。

「うるおう体のゴーヤギュー」

ゴーヤと牛肉を使った、エスニック風の味わい。
粘液を増やして、カラダを内側から潤おしてください。

和田明日香の美と若さの新料理

美と若さのお手軽動画

NHKオンデマンド

Page Top