ワタシはいつから更年期?

2020年3月3日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

美しく生きる!更年期の秘密


ワタシはいつから更年期?


多くの女性を悩ませている「更年期」。

日本の女性の閉経年齢はおよそ52歳。

その前後5年ずつを更年期と言います。誰もが必ず通る道です。
この時期に実に8割以上の女性がさまざまなカラダの不調を、訴えています。
これが更年期症状。

中には、日常生活に支障が出る、更年期障害に陥る人も。

人によって大きく違う更年期、実は謎の多い現象なのです。
そこで、更年期とは何なのか、基本をおさえておきましょう。

女性ホルモンの変動を見れば一目瞭然。
更年期とは、閉経の前後に女性ホルモンが大幅に減少してしまう時期のこと。

やっぱりつらい症状が多いんでしょうか。

「かなり個人差がありまして、ひどくて日常生活にちょっと支障があるような場合は更年期障害と言っています。」(宮尾さん)

更年期とは何なのか。
それを調べるために3人の女性に集まってもらいました。

3人は皆40代後半。
更年期に入っているかどうか微妙な年齢。
それぞれに、自覚があるか、聞いてみました。

まずは、執筆業のゆりかさん、46歳。

「たぶん近々なるんだろうな、片足入れかけているのかな、ぐらいの感じはあります。」(ゆりかさん)

まだ更年期に入っている実感はないと言います。

続いて、テレビ番組の制作をしているなおこさん、45歳。

ネット情報から、更年期に入っているはずだと自己診断。

「これが更年期なのかな、という症状はネット等で調べると、あてはまるのがいくつかあります。」(なおこさん)

もうひとりは、水泳の指導をしているさちこさん、48歳。

月経周期はほとんど狂いがありませんでしたが、最近 周期が短い時があってちょっとびっくりしました。だんだん狂ってくるのかなとか、ちょっと不安なんですけど。」(さちこさん)

症状だけでは、わからないのが、更年期の謎に満ちたところ。
東京医科歯科大学 教授で、産婦人科医の寺内公一さんに科学的に調べて頂くことにしました。

「更年期かどうかを知る第一の目安は、女性ホルモン・エストロゲンです。」(寺内教授)

エストロゲンとは、主に子宮の横にある卵巣で分泌されるホルモンです。

卵巣の中には卵子を包んだ卵胞(らんぽう)というものがあります。

これが、エストロゲンを分泌します。

これは、卵巣の中にある卵胞の写真です。

この卵胞の数が多く、元気なほうが十分なエストロゲンを分泌できるのです。

ではまず、更年期に入る前の「性・成熟期」、妊娠可能な時期を、お芝居で見てみましょう。

「私は脳で〜す。卵巣にホルモンを出すように指令を出します」

「私は卵巣です。脳の指令を受けてホルモンを出します」

どうやら女性ホルモン・エストロゲンの分泌には、脳が関わっているようです。

ここにあるピンク色のものは、卵胞のエストロゲン。

大きなものは、元気な卵胞から生み出されるたっぷりとしたエストロゲンです。

月経が始まったら、脳は卵巣に指令を出します。

「卵巣さん、エストロゲンを出してください」

脳の指令を受けて、卵巣は全身にエストロゲンを送り出します。
赤ちゃんを産むために丈夫なカラダを作るだけでなく、肌のハリや、女性らしい体型も守るホルモンなんです。

こうして卵巣がカラダのあちこちに配ったエストロゲンが脳に届くと…

脳は、卵巣からエストロゲンがきちんと分泌されたことを確認。

さらに脳は、次の月経が訪れると、また指令を出します。

脳と卵巣のやりとりは、月経周期に合わせて規則正しく繰りかえされているのです。

「エストロゲンが届けられるのは全身のあらゆるところです。骨にも血管にも脳にも皮膚にも、脂肪組織にも。ありとあらゆるところに、です。もちろん乳腺の発達にも関係しますし、皮下脂肪をため込む働きも女性ホルモンがしてますので、女性らしいカラダや、お肌のキメとかつやとか潤いとかには特にエストロゲンが関係しています。」(宮尾さん)

このエストロゲンは、年齢とともにどれぐらい減少するのか。
エストロゲンを分泌する卵胞を捉えた貴重な写真です。

生まれたころには、卵胞ってこんなにあるんです。

そしてこの卵胞は、25歳のとき。
若い時期なのに随分 減ってしまった印象です。

「生まれたころは何百万という数があり、25歳くらいの時点で、何万になります。ずっと減っていく一方です。」(寺内教授)

新しく卵胞をつくり出すことはできないので、最初の段階でできるだけ多く持っているのです。
50歳になると、ずいぶん少なくなっています。

さて、調査に参加してくれる3人ですが、彼女たちには2か月間、合計8回にわたり、血液中のエストロゲンを検査で調べてもらいます。

そして毎日、何時間寝たか、何を食べたか、運動はどれくらいしたかなど、生活の記録もつけてもらいました。

さあ、この3人の中に、更年期に入っている人はいるのでしょうか?

まずは、執筆業のゆりかさんの2か月の結果です。
月経は4週目に訪れていました。

注目すべきは赤い色で示した2つ。エストロゲンが月経の後に増えています。

さきほどの、脳の指令が出るのはちょうど月経の時期あたり。
その指令を指令を受けて、卵巣がちゃんとエストロゲンを出しているようです。

ということで、まだ更年期ではありませんでした。

テレビ番組のプロデューサーをしているなおこさん。
更年期の症状が出ているのではないかと考えていました。
月経の記録は、2回。月経の後のエストロゲン値(黄色)が低いようですが・・・

2回目のときは上がっています。

寺内教授の判定は?

「月経周期の乱れとか、女性ホルモンの変動というのが必ずしも明らかではないので、更年期と判断するには早いです。」(寺内教授)

このグラフを見る限りでは、更年期と判断するには早い、という判定でした。

そして、水泳指導者のさちこさん。
1回目の月経の後、ちゃんと出ていますね。

2回目の後は・・・
もっとエストロゲンが出てます(青色)。すご〜い!
卵巣が元気ということは、この人も当然、更年期じゃありませんよね。

「客観的なデータから見ると、更年期にさしかかってるということにはなります。」(寺内教授)

え?
更年期にさしかかっている?

更年期になると、エストロゲンの量は減るんじゃないんですか?

「更年期に入ってエストロゲンはその前に比べて上がることもある んです。少し下がったかと思うと急激に跳ね上がったり、大きく揺らぎながら下がっていく。」(寺内教授)

いったいどういうことなのか。
更年期の脳と卵巣の関係を、再びお芝居で見てみましょう。

「卵巣さん、エストロゲン出してくださ〜い」

あれ?
卵巣には簡単に分泌できるエストロゲンがなくなってしまっているようです。

「出てないようですけど、出してくださ〜い」

「出せるもんないやん」

なんだか、脳と卵巣の関係が危うくなってきました。

脳は、「出せるものはちゃんと出して!!!」
卵巣は、「そんなん無理言わんといてくださいよ!出せ出せ!と言われても」

脳のしつこい命令に怒って、卵巣はエストロゲンをばらまきます。

この卵巣の逆ギレした状態こそ、さちこさんのあのグラフ(青色)なんです。

無理矢理出したことで、エストロゲンの量が一時的に高くなっていたのです。
これこそ、エストロゲンが順調に出なくなる更年期にさしかかった、あらわれなのです。

さらにもうひとつ、寺内教授が更年期と判断する根拠がありました。
実はエストロゲンだけでなく、脳から出るホルモンも一緒に調べていたんです。

その変化を、さきほどのグラフに重ねてみると、月経の直後に跳ね上がっていることがわかります。
反応のにぶくなった卵巣に、脳が強く命令したことを示しています。

エストロゲンが十分に出ないことに「怒った脳」と、「逆ギレした卵巣」

これこそが、更年期の正体なんです!

さちこさんのエストロゲンの状態は、まさに脳と卵巣が険悪な関係になっていたことを示していました。解説頂きましょう。

「ここら辺で卵巣のほうがちょっと働かなくなってますよね。そうすると、脳のほうはもっと出せと、頑張って命令をするわけです。」(寺内教授)

「そうすると、そこに過剰に反応して、卵巣のほうからものすごくエストロゲンが出たりする。というようなことで、エストロゲンが乱高下する ということが起こってたんです。」(寺内教授)

先ほどのグラフも修正して見てみましょう。
更年期が来たときのエストロゲンが乱高下
実際はこういうイメージで、大きく変動。
でも平均すると、ゆっくり減っていくということだったということです。

こうして、カラダのあちこちで出てくるのが様々な更年期症状。
どういったものがあるのでしょうか。

「実際には本当にさまざまな症状が出るんです。例えば気分が落ち込んだり眠れなくなったり、肌のトラブルとかです。それから、腰痛とか肩凝り、めまい、いろんなことがありますけど、特にこの乱高下に一番関係があると考えられているのは、この赤で書いてあるところ。火照り、のぼせ、汗をかく、眠れない。あと気分の落ち込み、いらいらする。そういったところは一番、この乱高下に関係しているところです。こういった症状が出て受診するとき、更年期の人は、いっぱいいろんな症状を同時に抱えています。そういう時は、どこかひとつの診療科ではなく、『更年期』を掲げているような、例えば産婦人科に来て、更年期専門にやっているようなところを受診してみてください」(寺内教授)

和田明日香の美と若さの新料理

美と若さのお手軽動画

連続企画 もうすぐ30歳 玉ちゃんのキレイになりたい

NHKオンデマンド

Page Top