自宅でできるリンパ流し法(おなか)

2020年1月21日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

肥満むくみに!新リンパの極意


自宅でできるリンパ流し法(おなか)


自宅でできる「腸リンパ流し」を教えて頂きます。
実演してくれたのは飯嶋ひろ子さんです。

「寝ころんだ状態でやっていただくのが一番いいので、寝る前にやっていただくのがおすすめです。」(飯嶋さん)

腸リンパ流しを自分の手を使って動かしていきます。
ルートは、2つです。
①みぞおちからおへその脇を通るルート

②肋骨のきわから、腰骨に沿っていくルート

4本の指の腹を使ってケアしていきます。

①みぞおちからおへその脇を通るルート

「まず、指の腹をみぞおちに置いて、おへその横をつま先に向かって、ゆっくりさすっていきます。息を吸って吐くときに、おへそを凹ませます。そのタイミングで、つま先に向かって下へ流しましょう。」(飯嶋さん)

②肋骨のきわから、腰骨に沿っていくルート

「今度は肋骨のきわです。肋骨に触れないように肋骨に沿って、呼吸しながら流します。そのあと、ゆっくり、腰骨に沿って流していきます。」(飯嶋さん)

うまく腸リンパを流すコツを教えて頂きました。

・自分でやる腸リンパ流しの場合、時間は3~5分で十分。サロンのように長くやる必要はありません。
・指先を使ってしまうと「圧」がかかります。指先を使わず、指の腹をつかって滑らせるのがポイント。
・あまり強く押すのはオススメしません。

「リンパの要である乳び槽を流すには、ぐうーっとおなかを引っ込める動きが、とてもいいと思います。」(河合教授)

「もちろん腸のリンパにもすごく効果があると思いますが、リラックス効果もあって、そして便通も良くなると考えます。」(下田教授)

和田明日香の美と若さの新料理

美と若さのお手軽動画

連続企画 もうすぐ30歳 玉ちゃんのキレイになりたい

NHKオンデマンド

Page Top