足裏から足指が消えた?

2019年6月21日(金)BSプレミアム 午後0時00分~ 午後0時59分

足裏から美しさを取り戻せ!


足裏から足指が消えた?


桜美林大学特任教授の阿久根英昭さんは、これまで10万人もの足の裏を調べてきた研究者。

計測装置に女性たちを次々と立たせて…。

見ていたのは、女性たちの足の裏のデータ。

しかし、このデータにはある問題があるのです。
そう、足の指が映っていません

なんと、この日調査した女性すべてが、足の指がきちんと映っていませんでした。

阿久根教授の調査によると、女性の8割もの人が指が映らない状態

浮き指という状態だというのです。

例えばこんな指、わずかに地面から離れてしまっています。

本来、指がきちんとついていると、足裏データはこうなるはず。

現代人の多くが抱えている、浮き指という現象。
いったい、何か問題なんでしょうか?

「たかが足の指が地についていない、と単純に考えるかもしれませんが、このことによって肩、背中、さらには腰という、そういうところまで障害を起こします。要するに美しい姿が、損なわれるのです。」(阿久根教授)

浮き指だった女性に多いのは、こんなスタイルの悩み「猫背」

理想の姿勢は耳、肩、足の付け根がまっすぐ一直線になることですが、猫背の人は、背中が丸まって、首が前に。
実はこのゆがんだカラダに、浮き指が深く関係しているんです。

人間の足はかかとからつま先まで、足の裏全体で体重を支えています。

この時、重心は接地面の真ん中。

ところが、指の支えがなくなると、接地面が短くなる分、重心がかかとの方に移動します。

すると、姿勢も後ろに傾くことに。

上体を曲げることで、バランスを取ろうとするのですが、首や肩を前に出すと、猫背になってしまうんです。

後傾姿勢から、腰をそらせてバランスを取ると、反り腰に。
これは腰を痛める原因にもなります。

おなかを出してバランスを取る人は、ポッコリおなかに。

足の裏に起こった異変浮き指がカラダのあちこちをゆがめていたんです。

筋トレをしてみたり、ランニングに励んだり、ちゃんと運動していても、 浮き指のままではカラダはゆがんでしまうという大問題が隠れていたのです。

「ニュートラルポジションという理想姿勢の状態では、筋肉が突っ張ってもなく、緩んでもいない状態です。ただ、その姿勢が崩れ、前かがみになると筋肉が縮んでいくので、どうしても、筋肉の張りがなくなって、乳やお尻が垂れてきます。」(湯浅さん)

Page Top