人への思いやりでもオキシトシンUP!

2018年11月13日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

世界が注目!オキシトシン美容パワー


人への思いやりでもオキシトシンUP!


優しいタッチをしてくれる彼氏がいない玉さんの場合、どうすればいいのか?

実は、タッチをしてもらえなくても、
オキシトシンが出る、良い方法があるんです!

直伝のマル秘ワザを教えてくれるのは、桜美林大学教授 山口創さん。

フリーなでなでしてください。」(山口教授)

山口教授のマル秘テクとは、
「いろんな人たちにいっぱいタッチをしてあげてください」ということ。

まずは相方のターリーターキーの伊藤さん。
玉さんのフリーなでなでの実験台になっていただきます。

それでは、日頃の感謝の気持ちをこめて、"オキシトシンタッチ"!


伊藤さん、いかがでしたか?

「結構、密着度がすごくて、気持ち良い感じがしました。リラックスした感じがします」とのこと!

その後も、いろいろな人にタッチする玉さん。

オキシトシンがいっぱい出してあげられてるみたいですね。
でもこれじゃあ、肝心の玉さんのオキシトシンは出てないんじゃないでしょうか!?

実は山口教授、かつてこんな驚きの発見をしていたんです。

優しいタッチによって、オキシトシンかどれだけアップするか、14人に協力してもらい、実験しました。

タッチを「された人」は、もちろんオキシトシンが増えていました。

さらに、山口教授はタッチを「した人」の、オキシトシン量も調べたところ、
タッチを「された人」よりも「した人」の方が、オキシトシンが増えていたんです!

「オキシトシンは、相手を思う気持ちがあって、放出されるものなので、相手に優しく、思いやりながら触れることで、自分自身にオキシトシンが出たのだと思います。」(山口教授)

思いやりの気持ちをもって、優しいタッチをしているとき、
オキシトシンは、タッチをしている人にも、どんどん出ていたんです!

「(オキシトシンタッチは)パートナーだけではなく、おじいちゃんおばあちゃんでも、子どもと触れ合っても、誰でもいいのです。触れた方に出てくるという特徴もあります。犬を抱っこするとか、じゃれあう、犬と見つめあうだけでも出るという研究もあります。」(山口教授)

オキシトシンをアップする方法は何か、他にも世界中で研究が行われています。

2017年、イギリスなどの研究者グループが論文で発表したのは、
食事を分けあうことが、オキシトシンの量と関係するというもの。
ま、チンパンジーの研究なんですけどね。

自然界で食べ物は貴重品。
チンパンジーは基本的に、食べ物を分け与えないことが知られています。

しかし極たまに、食べ物を分け与えることがあります。

そのチンパンジーの体内のオキシトシン量が、
食べ物をあげた直後にアップしていることがわかったのです。

では、人間だとどうなのか?
協力いただくのは、日本大学探険部の皆さんです。

探険部の皆さんが登っているのは、日本百名山の1つ、標高2,017mの雲取山。
あたりが暗くなってきたころ、ようやく山頂付近にたどり着きました。

さあ、ここからが本題。
いよいよ、食事を作っていきます。

それぞれが苦しい思いをして運んだ食材を出し合って、みんなで分け合います。

出来上がったのは、おいしそうなカレーです!

相手のことを思って、よそいあいます。

しかも、都会の喧噪を離れてリラックス!
オキシトシン、たくさん出そうですね~!

食事前後で、唾液中のオキシトシン量を計測します。
すると、全員のオキシトシン量がアップしていました!

「食事の分けあいというのは、思いやりとか助け合い、あるいはこれおいしいなという共感の感情も湧いてくるので、オキシトシンが出るっていうのは不思議ではないです。」(山口教授)

「共感性の問題ということもあるのですけれど、もう1つは実はダイエットに関する効果も示しています。オキシトシンが働いていれば、食べ過ぎるということがない。これ以上食べなくていいよという信号をオキシトシンが送ってるわけです。これが、ダイエット効果を示す元になってるものも含まれているのではないかと思います。」(下村教授)

Page Top