シュワシュワ炭酸で血管美人

2018年10月30日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

めざせ美ボディ!温泉の極意


シュワシュワ炭酸で血管美人


日本が誇る文化、「温泉」。
その利用者は年間1億3000万人以上

温泉目当てに日本を訪れる外国人も、たくさん。
お猿さんもこの通り。
まさに、癒やしのスポットですね。

江戸時代、温泉をランキングにした温泉番付には、
東の王者は、草津温泉。
西の王者は、有馬温泉。

よく見ると、温泉地とともに書かれているのは、
眼の病気や腹痛、冷え性など、温泉のさまざまな効能。


その中には、ほら、お肌に関する効能も書かれています。
どの温泉がお肌にいいのか、昔から関心が高かったんですね。

そして今、最先端の科学で、
温泉の美肌をもたらすメカニズムが明らかになってきました。

日本列島には2万7000もの源泉があります。

温泉の泉質に詳しい国際医療福祉大学教授 前田眞治さんはこう言います。

「温泉のうちで、特に治療目的で使えるというふうなものを療養泉と言います。環境省は10種類を決めているんです。それぞれ、ストレスの改善、筋肉痛、腰痛などの疲労に効果があったり、あるいはお肌への効果、うれしい効果ですけども、そういった様々な効果がそれぞれの温泉にあります。」

この中から、美肌が期待できるのはどれでしょうか。

最初に紹介するのは、お肌に不思議なことが起きるこちらの温泉。
大分県の山あいにある長湯温泉。
300年の歴史を誇る名湯です。


早速、利用者に温泉の感想を聞いてみると、
きれいになって、長湯になる、とか、
なんか不思議な感覚、と言うのですが、
一体、どんな温泉なのか。

拝見すると、一見、普通の露天風呂。

しかし、不思議じゃありませんか?
よく見てください。温泉につきものの、アレがないんです。

そう、温泉の代名詞、湯気がありません。
実は温泉の温度は、体温より低い、およそ31度。


温度は低いのに
カラダの芯から温まる感じで、長くつかっていられる、とか、
血行が良くなるような感じがする、とか、
意外な感想があるのです。

実際、温泉に入ると、お肌はこんなに赤くなっています。
血行も良くなっているようです。

その手がかりは、温泉の中にあるこの無数の小さな泡。

泡の正体は、
みなさんもご存知の炭酸ガス。

ここは、炭酸ガスが天然の温泉に豊富に溶け込んだ「二酸化炭素泉」
ここに、秘密があるんです。

一体、カラダにどんな働きをしているのでしょうか?

そのメカニズムを研究している方が、国際医療福祉大学教授 前田眞治さんです。

「炭酸というのは、皮膚に少し浸透し、皮膚を通りぬけることができます。そして血管を拡張して、そこの血の巡りが良くなります。実は、この血管の広がる作用は、温度が低くても起こるのです。」(前田教授)

二酸化炭素が皮膚から浸透し、血管に入ると、
内側の壁が二酸化炭素で刺激され、血管が拡張。
血行が促進されるのです。

前田教授の研究では、普通のお湯と比べると、
二酸化炭素のお湯に入った場合、
血流の量は4倍に上昇しました。

特殊なカメラで毛細血管を撮影すると、二酸化炭素のお湯に入ったほうが、血液の流れに勢いが!

毛細血管の隅々まで血液が行き渡るので、
新陳代謝が進み、肌の再生も期待できます。

「血の巡りが良くなることによって、そこにたまっているような痛みを発するような物質などが洗い流され、こりとか痛みが取れるということになります。また新しいタンパク質やエネルギー、血液がたくさん来ますので、新しい皮膚を作る素材がたくさん来ます。そうすると良い皮膚ができます。良い皮膚で、リフレッシュした皮膚ができて、美肌につながるということです。」(前田教授)


二酸化炭素を含む温泉は、実は、日本ではわずか数%しかない珍しい温泉。
この他、岐阜県の湯屋温泉
長野県の白骨温泉なども知られています。


温泉に含まれる様々なパワー。
実は、その成分は、私たちの身近なところでも利用されています。
その1つが、こちら。都内で人気を集めるこの美容サロンです。

仕上げに髪を洗うシャワーに含まれるのが
あの長湯温泉と同じ濃度の炭酸ガスなんです

炭酸水をかけると、髪の美しさを取り戻せるというんです。
その効果の一つが、毛穴の汚れ。

頭皮の写真を見ると、毛穴に油汚れがたまっています。

そこに炭酸シャワーをかけると、
シャンプーだけでは取りづらい毛穴汚れが
炭酸の洗浄の効果できれいに取れるのです。


さらに炭酸には、傷んだ髪を整える効果もあると言います。

傷んだ髪に炭酸ガスがつくと、髪のタンパク質が変形。
髪の毛自体の組織を引き締め、健康な状態に戻すといいます。

実際に、電子顕微鏡で髪の表面を見てみると、
炭酸シャワーを浴びた方の髪は、表面のキューティクルが滑らかに。
みずみずしく美しい髪によみがえるというわけです。


さらに温泉の知られざるパワーが最新の研究によって明らかになってきました。
大分県の長湯温泉では、温泉の水を飲んで健康に役立てようという「飲泉」を行っている人が数多くいます。


古くからカラダにいいとされてきた「飲泉」。
その効能を科学的に調べた専門家がいます。

慶応義塾大学先端生命科学研究所特任助教 村上慎之介さんです。

3年前、村上教授が長湯温泉の温泉水を飲んだ人たちを分析したところ…
血糖値の上昇を抑え、
糖尿病の予防に効果が見込めることがわかったのです。

さらに、その研究過程で、意外な発見もありました。

「腸内細菌を調べたところ、いろいろな腸内細菌に変化がありましたが、BMIが低い人に多いと言われているクリステンセネラセエというグループの腸内細菌が、水道水を飲んでいる期間に比べて、温泉水を飲んでる期間で増加しました。」(村上さん)


クリステンセネラセエとは、
痩せている人に多く見られる腸内細菌。

ダイエットに効果があるのではと今、国内外で研究が行われています。

ある実験で、この細菌を移植したマウスと移植しなかったマウスに、
同じ量の餌を与え、太らせてみました。

出典:2014年 コーネル大学 研究者グループの発表

すると、細菌を持つマウスのほうが
体重の増加が抑制されたのです。

温泉には、私たちの知らないパワーが
まだまだ隠されているかもしれません。

「飲泉は、飲む温泉によって効果は違います。例えば、重曹の入っているものは、アルカリ性のものなので、胃の酸を中和してくれて、胃のためにはいいとか、炭酸泉でしたら、炭酸を飲むことで、胃の動きが活発になりますので、食欲がないときとか、あるいは、便秘に効果があったりします。
試し飲み程度なら大丈夫ですが、もし、飲むことを治療として行うとすれば、飲む量も問題になります。例えば、有馬温泉は非常に濃い塩化物泉ですから、少しでも飲めば、塩分制限している方、心臓病や肝臓病、腎臓病の方には悪いということになりますので、専門のお医者さんに、必ず相談してください。」(前田教授)

温泉を飲むときは、清潔なコップを持参し、飲泉所で飲んでください。
飲む量は、温泉表示を確認してくだい。
治療目的やお薬を服用している方は、専門の医師に相談してください。

NHKオンデマンド

Page Top