糖質制限ダイエットが便秘を招く

2018年8月28日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

サヨナラ便秘!新・糖質で腸美人


糖質制限ダイエットが便秘を招く



皆さん、経験したことありますよね。
出そうなのに、出ない、あれ。

今日は、便秘解消の新常識をたっぷり伝授します!

便秘のスペシャリストで、京都府立医科大学准教授 内藤裕二さんは、
深刻な便秘に悩んで、病院を訪れる女性患者が増えていると実感しています。

「女性の便秘は多いです。いま日本人はもう20歳代からずっと便秘という人もいて、これがまたすごいんです。実際に眠れないとか、不眠だという原因が、ひょっとしたら便秘、もとをたどればやっぱりお腹の調子だったということもあります。」(内藤准教授)

実際、厚生労働省が3年ごとに調査している便秘の患者数を見ても、
20年前に比べて今ではなんと2倍以上。
21万人に迫る勢いです。

いったいなぜ、最近になって増えているのか?

「日本人の"お腹環境"が変わってきている気はします。それが一番の大きな要因ではないかと思いますね。食生活だと思います。」(内藤准教授)

どんな食生活が便秘を深刻にしているのか。
その典型的な例を探ってみました。

派遣会社に勤めている伊藤聖実さん(22)。
4月からあるダイエットに取り組んでいます。

きっかけになったのは、久しぶりに体重計に乗ったこと。
人生でいちばん体重が重くなっていて記録を更新してしまったので、
ちょっとこれはまずいと考えたそう。

そこで食事を中心にダイエットを開始。
ところが、その効果が現れる前に別のところに深刻な問題が…。

「だんだんウサギのふんみたいなコロコロしたちっちゃいものが多くなって…。下っ腹の張りとかも少し気になるようになってきました」(伊藤さん)

どんなダイエットをしたのか。実際の食生活を見せてもらいました。
朝の定番は、目玉焼きとハム。手軽なところが気に入っています。

お昼は、お弁当で済ませることが多いそうです。

ダイエット中なのにハンバーグに揚げ物、生姜焼き!?

そして、帰宅してから夕食。
メニューは、豆腐と鶏肉のスープに、豚肉を甘辛く煮たもの、
そして春巻きです。

あれ? 朝も夜も野菜は少ないし、ごはんも食べないんですね。

実は、お昼の弁当もごはんとスパゲティはすべて残していました。

伊藤さんがやっていたダイエットとは、
「自己流の糖質制限ダイエット」だったのです。

内藤准教授は最近の女性たちが安易に糖質を減らしていることが、便秘を深刻にしていると考えています。

「炭水化物は糖類と食物繊維に分類されます。ですから、全体的に炭水化物を制限すれば糖類だけではなく、食物繊維も制限されますので、お腹にとっては、マイナス面のほうが大きくなります。」(内藤准教授)

本来、糖質制限ダイエットをするときは、野菜をたっぷりとらなければいけません。

その理由は、糖質制限をするときの糖質の多い食材にには、実は、食物繊維も含まれているからです。

 

例えば、ごはんは、茶碗に軽く1杯、100グラム中、0.3グラム。

パンは、2枚ほど100グラム中、2.3グラム。

蒸したさつまいもは、100グラム中、3.8グラム、食物繊維が含まれています。

伊藤さんは自己流で糖質制限ダイエットをすることで、知らず知らず食物繊維までカットしてしまい、
便秘になっていたのです。

皆さんの食事は、大丈夫でしょうか?
これは、日本人の食物繊維摂取量の推移です。

「日本人の食物繊維の摂取量の推移です。一番左が戦後です。戦後のおじいちゃん、おばあちゃん、27グラム。たくさんとっています。
でも今のアメリカやヨーロッパの人もこれぐらいとってます。
日本人だけです、こんなに年々減ってきているのは。今、日本人の平均14グラムです」(内藤准教授)


どうして、だんだん少なくなってきているのでしょう?

「食生活が変わりすぎました。ついついやわらかくて脂っこいもののほうが、食事時間が短く済みますし、いろんなお店もたくさんできていますから、楽なほうに楽なほうに、走っています。それがすべてです。」(内藤准教授)

 

でもそもそも食物繊維がなんで便秘にいいのでしょうか?

食物繊維がなかったら便はできないのです。
便は、食べ物由来の食物繊維と腸内細菌と腸の細胞が死んで落ちていったものの集まりです。ですから、食物繊維という材料がなかったら便ができにくくなるのです。

この食物繊維をとりたいわけではありますが、
実際には、野菜のとり方が下手な人が多いと言います。

「単純に野菜をとったらいいと思っていると食物繊維不足になりがちです。野菜は生で食べるとほんのちょっとしか食物繊維がないんです。だから煮たり、いろんな工夫が必要です」(内藤准教授)

Page Top