おやつダイエットのエース"ナッツ"

2018年7月17日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

徹底調査!衝撃のおやつダイエット


おやつダイエットのエース"ナッツ"


ヘルシーなおやつとして、女性ファンが多いのが、ナッツ。


そのナッツに、とりつかれた人がいます。

優雅にナッツを食べるこの人は、Jewels(ジュエルズ)さん。

 

10年前までヒップホップのアーティストとして活動。
7年前、体調を崩したときに食べたのがきっかけで、ナッツにハマりました。

ジュエルズさん、ナッツは
小さいのにすごくパワーが大きい、と驚いたとか。
お腹が空いたというときにはその場ですぐに食べられる手軽さも魅力だと言います。


こうしたナッツのダイエット効果を研究した人が、慶應義塾大学にいます。

 

慶應義塾大学教授 井上浩義さん。

 

井上教授は研究で、男女19人に1日25粒のアーモンドを食べてもらいました。

すると半年間後、参加者は平均で3.4キロ、体重が減少したのです。

 

井上教授は、ナッツのダイエット効果のメカニズムの1つとしてナッツに含まれるアブラに注目しています。

「ナッツはその半分以上がアブラです。アブラというと、どうしても悪いものだと言うイメージがあるかもしれないですが、ナッツに含まれているアブラは、現代人にとって非常に良いアブラなんです。」(井上教授)

ナッツのなかで、アーモンドやピスタチオなどには、特にオレイン酸というアブラが含まれています。
このオレイン酸が作用するのは、小腸です。

 

小腸には、食べた物をブドウ糖に分解して、吸収を促進させる酵素があります。

この酵素の分解によって、ブドウ糖は血液中へと流れ込み、血糖値は上昇。
これが太る原因のひとつとなります。

 

井上教授は、オレイン酸が、この酵素の働きをさまたげ、
その結果、ブドウ糖は便として排出され、
血糖値の上昇が抑えられると考えています。

 

アメリカの国立医療機関City of Hope National Medical Centerが行った研究では、
糖尿病予備軍の人たちにアーモンドを6か月間食べてもらったところ、
血糖値が15%改善しました。


良質なアブラが豊富なアーモンド。
でも、そのまま食べるだけじゃ味気ないですよね。

そこでジュエルズさんのおススメが、アーモンドミルク。

作り方はいたって簡単。
アーモンドに水を加えてミキサーにかけるだけ。

 

こうして砕くことで、オレイン酸が抽出しやすくなります。
そのまま食べるより、アーモンドの風味がより一層高まり、おいしくなるそうです。

「アーモンドというのは、非常に細胞が硬いので、その硬い細胞をアーモンドミルクは、最初から破砕してますので、栄養を直接とれるという意味ではおススメです。」(井上教授)

「ナッツのオイルは、本当にカラダにいろいろな意味でいいです。あまり糖分が入っていないので、血糖を上げません。それから脂肪分自身は、脂肪分が入ってきたということで、取ると満足できるのです。それ以外に、カラダの炎症を抑えたり、食物繊維が入っているので、腸内細菌を育てられたり、いろいろな良い効果があります。」(伊藤教授)

Page Top