声を若返らせる魔法の液体

2018年6月26日(火)BSプレミアム 午後10時00分~ 午後10時59分

声のアンチエイジング


声を若返らせる魔法の液体


前回の診察から、10日後。
鬼奴さんが、再び声帯の検査を受けに来ました。

実は前回、平野教授から、ある実験を持ちかけられていました。

それは、ある魔法の液体を飲み続けること。
鬼奴さんが大好きなお酒ではありません。


その量、1日1.5リットル。毎日ひたすら飲みました。
何を飲んでいたのでしょうか?


正解は…

 

鬼奴さんいわく、2リットルくらい飲んだ日もあったとか。
平野教授によると、はじめて行った実験だそうです。
実は、普段の治療では、水を飲む指導プラス薬を使いますが、あえて、水だけで実験してみたのです。
果たして、その効果は?

 

前回より、声帯が滑らかで、きれいに見えます。

 

何が変わったのでしょうか。
前回は、声帯の動きが鈍く、左右がきれいに閉じない時もありました。
一方、今回は、声帯の動きが滑らかで早くなり、声帯が閉じるようになったと言います。

 

詳しく調べるために、声に混じる雑音の割合を検査しました。

 

これが、前回測った時のグラフ。赤い部分が、にごった音です。
その割合が多いと、声がかすれている証拠。

 

ところが今回は、その赤い部分が、大幅に減っていました。
つまり、かすれ声が改善されたのです。

「声帯が滑らかに振動しているということです。水しか飲んでいないのに、思いのほか、良くなっています。」(平野教授)

・・・・・

なぜ、水を飲むことが、声の改善につながったのでしょうか?

ポイントは、声帯への潤い。

「うがいや蒸気吸入などは、組織の上面だけを潤しています。そのためあっという間に乾燥してしまう。長期的な効果は全くないと思います。水をしっかり飲んで、それを吸収し、組織の中から潤っていくことが大切です。」(平野教授)


潤いといえば、美肌には欠かせませんよね。
実は、声帯も同じなんです。

老化すると、声帯は潤いを失っていき、動きが鈍くなる原因になります。

お肌は、保湿クリームを塗ったりできますが、声帯はそんな直接のお手入れができません。
だから、水分をしっかりとって、内側からみずみずしさを保つことが大切なんです。

「ジュースはまだいいですが、できれば水か、イオン水が一番潤うと思います。お茶をよく飲む方がいますけど、ある程度利尿で逃げていきますし、カフェインが入っていますから、胃酸も増やす傾向があります。」(平野教授)


では、カラオケは声帯にいいのでしょうか

正解は、条件付きでマルです。

「カラオケは歌ですから、普段話す声と違って高い音も低い音も、さまざまな声のバリエーションがあるので、声のリハビリテーションという意味ではいいと思います。ただし、お酒をたくさん飲んで長時間歌うとか、できないこぶしを回してみたりという歌い方は、声帯にダメージを与える可能性があります。」(国際医療福祉大学東京ボイスセンター長 渡邊雄介さん)

NHKオンデマンド

Page Top