洗い方を検証!

2017年5月11日(木)BSプレミアム 午後9時00分~ 午後10時00分

体臭の悩み解決!におい美人のテクニック

4-60.png4-60_txt.png


<皮脂洗いは 6時間後が決め手>

せっかくお風呂に入っても、洗い方によっては早くにおいが出てきます!
どんな洗い方がいいのか、悪いのか、日本福祉大学 西村直記准教授の協力を得て、実験しました。

 

協力してくれたのは40~50代の男性4人。まずは、体中の皮脂を測ります。
特に皮脂が多かった場所は、額・首・耳の裏・胸・背中5か所

 

[取材協力:日本福祉大学准教授 西村直記さん]

洗い方を3つ、試しました。

  • 1日目…シャワーで流すだけ
  • 2日目…泡洗い
  • 3日目…ナイロンタオルでしっかり洗う

 

3日間、皮脂の多かった5か所を1時間ごとに計測します。

さて、洗った後も最も効果が長続きする洗い方はどれでしょうか?

こちらが結果です!

 

洗った直後は、「ゴシゴシ洗い」の皮脂が一番落ちていますね。ほぼゼロです。

ところが1時間後、「ゴシゴシ洗い」の値がドンと増えて、「泡洗い」の倍ぐらいになりました。

そして6時間後。「ゴシゴシ洗い」はどんどん増え、においも洗う前の2倍も強くなっていました。
一番皮脂量の伸びが緩やかで、においも抑えられたのは「泡洗い」だったのです。

においを発生させない極意は、皮膚に優しい「泡洗い」でした。


 そして番組では「泡洗い」と同じような効果のある洗い方も発見しました。

★裏技!体の洗い方★

 

泡洗いが面倒だという皆さんに、もっと簡単な方法を伝授します。
それは強めのシャワー。

勢いよくお湯を出して、シャワーヘッドを肌の近くへ。皮脂の出やすい場所に30秒ほど当てるだけです。泡もスポンジもいりません。

背中にも届きますよね。

 

簡単で効果も抜群! 6時間後の皮脂量も泡で洗ったときと同じぐらい抑えられます。

 

[取材協力:日本福祉大学准教授 西村直記さん]

ゴシゴシ洗うよりも、皮脂が増えない洗い方。実は、こんなに簡単な洗い方だったんですよ!


4-61.png4-61_txt.png


<取り入れよう!アロマの力>

アロマの種類は200以上あると言われています。活力アップやリラックスなど、効能もさまざま。

こうしたアロマの働きを脳科学から探っているのが、星薬科大学の塩田清二教授です。

塩田教授によると、アロマオイルは好き嫌いに依存しますが、「ラベンダー」だけはちょっと特殊なのだそう。

 

ラベンダーのい香りを好きな人たちと嫌いな人たちににおいを嗅いでもらい、脳の血流を調べてみました。実験で出たのは意外な結果

 

[取材協力:星薬科大学教授 塩田清二さん]

青は血流が下がり、沈静化していることを示します。
左がラベンダーの香りが嫌いという人の脳。右が好きという人の脳。嫌いと答えた人でも青色が目立ちます。
嫌いな人も好きな人も沈静化してリラックスしている状態を示していました。

ラベンダーの香りをかいだとき、体の中では何が起きているのでしょうか。

塩田さんは唾液を使って、嗅ぐ前と嗅いだ後の変化を調べました。
ラベンダーを嗅いだ後には、ストレスホルモンの1つ、「コルチゾール」時間を追うごとに低下しました。

つまり、脳だけでなくカラダでも沈静化が起っていることをつきとめたのです。

 

 

 

ラベンダーが脳を沈静化させ、ストレスを軽減する効果がある一方、レモングラス」は脳を活性化させるといいます。

 

レモングラスを嗅ぐと、特に大脳皮質、前頭葉の血流が非常に上がります。これは覚醒作用と言って、やる気元気を出させるのです。

前頭葉の血流が落ちている認知症の患者さんにレモングラスを嗅いでもらうことで、認知機能が上がってくるのがわかってきたそうです!


4-62.png4-62_txt.png


<香水のつけ方 上級編>

香りといえばアロマのほかにもう1つ、香水
ここでは、一歩進んだ香水のつけ方をお教えします!

実は、香水を体のどこにつけるかで、香り方が全然違います。

首まわり・手首・ふくらはぎ・足首の4か所に香水をつけた後、どれぐらい香水の成分が飛んでいるか調べました。

 [実験協力:元名古屋工業大学教授 津田孝雄さん]

1メートル先の空気を集めて測ってみると…
4か所の中でも首まわりはいちばん強く、デパートの化粧品売り場ぐらい香っていました。

 

首は、体の中でも比較的体温が高い場所。熱に乗って香りが勢いよく飛ぶのです。首回りにつけるのは、においを強く感じさせたい欧米流のつけ方。日本人にはちょっと強すぎるかもしれません。

せっかく香水をつけても「臭い」と言われないために、香水のプロが勧めるのは、足首・ふくらはぎ・太もも・ふくらはぎといった下半身

香りを強く感じさせず、ほのかに香りをアピールするのが“日本流におい美人のコツ”でした!

NHKオンデマンド

Page Top