においの変化は30代から

2017年5月11日(木)BSプレミアム 午後9時00分~ 午後10時00分

体臭の悩み解決!におい美人のテクニック

4-56.png
4-56_txt.png


<意外に早い!においの曲がり角>

体臭の代表的なにおいといえば、「加齢臭」
におうのは40歳ぐらいから…と思っていませんか?

ところが。
日本福祉大学の西村直記准教授によると、においの原因物質は若い人も持っており年齢が進むにつれどんどんにおいは変わってくるといいます。

年齢によって変わるというにおいの正体を知るため、訪れたのは大手化粧品メーカーの研究所。

においを判別するスペシャリスト集団「におい研究員」が、人がにおうメカニズムを調査しています。

 4-1.jpg

[取材協力:マンダム研究員 臭気判定士 久加亜由美さん〕

自らの鼻で、被験者男性のべ800人のにおいをかぎ続けること苦節7年。

つきとめたのは、30~40代特有のにおい、「ミドル脂臭(ししゅう)」
使い古したアブラのようなにおいです。

 4-2.jpg

原因のひとつは、私たちの皮膚を覆う皮脂
30代にもなれば、皮脂そのものが変化を始めます。20代までの皮脂と比べると、粘り気も出てきます。皮脂が流れづらくなる…つまりそれは、落ちにくくなるということ。

 4-3.jpg

30代になると、さらに汗のにおいにも変化が現れます。
汗に含まれる乳酸皮膚常在菌に分解され、ジアセチルという物質に変わります。これが、アブラ臭(あぶらくさ)いにおいを出します。

 4-4.jpg

 4-5.jpg

このジアセチルが皮脂のにおいとあわさることで、イヤ~なにおい「ミドル脂臭」になるというのです。 

 

年齢によるにおいの変化は実は男性だけの話ではありません。女性も同じことが起こります。30歳を過ぎたら要注意

その理由を探るために訪ねたのは、九州大学 林健司教授の研究室。
林教授が開発したフィルムで、におい成分を可視化することができます。

この技術を使って、20代女性と40代女性が2時間着ていたシャツについた、においを検出すると…

 4-6.jpg

[取材協力:九州大学教授 林健司さん]

黄色い部分が、においを発している場所です。
左が20のシャツ。黄色が濃いのは脇や首が中心です。
ところが40は、脇や首のほか、胸回りにもにおいが広がっています。

40のシャツに広がっているようにでた出たにおいとは…

汗のにおいではなく、アブラが分解したにおい。
そう、やはり女性も、加齢に伴ってアブラっぽいにおいが広がっていたのです。

 

なぜ人のにおいは、アブラっぽくなっていくのでしょうか?

大手日用品メーカーの研究所を訪ねました。研究員の尾本百合子さんが顕微鏡で、シャツの繊維についた物質を調べると…。

 4-7.jpg

[資料提供:ライオンビューティーケア研究所]

青い部分はシャツの繊維。緑色はタンパク質、剥がれ落ちた皮膚の細胞などです。そして、赤く見えるものが皮脂。この皮脂が酸化しているというのです。

 

尾本さんたちは、皮脂が酸化してできた、におい成分も取り出すことに成功しました。
それが「ペラルゴン酸」古いアブラのにおいがします。

 4-8.jpg

料理に使うアブラも、何度も使ううちに次第にイヤ~なにおいがしてきますよね。アブラが酸化したからです。

 4-9.jpg

人の皮脂も、アブラの一種です!

本来は不快なにおいのしなかった皮脂が、加齢に伴い、酸化のスピードが速くなることで、ペラルゴン酸が多く発生します。
酸化のスピードが上がってくるのは30代

さらに40歳を過ぎると若い頃にはなかった成分が増え、
それらが酸化することで、皆さんご存じの加齢臭になるのです。

 4-12.jpg

皮脂自体は男性が多いので、男性のほうがにおいやすいのは事実。
ですが、酸化自体は男性にも女性にも起こります。女性の方も気をつけたいですね…。

 


4-57.png

4-57_2txt.png


<口臭だけじゃない!においのもと「皮膚ガス」>

気になるにおいの悩み…。
口のにおいも、そのひとつですね。

ところが、食べたもののにおいが出てくる場所は、口以外にもあるのです!

食べたものは、いつ、どのように自分の体臭となって外に出ていくのか
においが気になる2つの食べ物「にんにく」「アルコール」で実験を行いました。

東海大学の関根嘉香教授と学生さんたちの協力のもと、お酒を飲んだチームにんにくを食べたチーム、それぞれ吐いた息を1時間おきに袋に集めました。

 4-13.jpg

 

こちらがにんにくの結果。

4-14.jpg

[取材協力:東海大学教授 関根嘉香さん]

食べた直後はぐっとはねあがりますが、1時間もすると下がります。たくさん食べても、4時間後には「人が気づくレベル」を下回りました。

 

お酒の結果はこちら。1時間後に「人が気づくレベル」を下回っています…。

 4-15.jpg

でも、実際はもっと長くにおっている気がしませんか?

実は、口臭よりも長く、人が気づくレベルでにおいを発するルートがあることがわかったのです。

 

実験で、口臭以外に測定した場所は、
そう、食べたもののにおい物質を含む「皮膚ガス」が全身から出ているというのです。

 4-16.jpg

先ほどのグラフに重ねてみましょう。

 

こちらがにんにく。

4-17.jpg

青の線が、皮膚から出た、にんにくのにおいです。
初めこそ口臭よりも値が低いですが、なかなか減らず、10時間たっても「人が気づくレベル」を上回っていました。

 

さらに驚くべき結果は、お酒。

 4-18.jpg

直後には、口臭の2倍の強さでにおっていました。においが収まったのも5時間後です。

 

 

皮膚からにおいが出るルートの一つを見せてくれたのは、元名古屋工業大学教授の津田孝雄さん。津田さんが開発した特別な装置を親指に当ててみると、見えてきたのは…

 4-18.jpg

[取材協力:元名古屋工業大学教授 津田孝雄さん]

ふだんは目に見えない、小さな汗です。

 4-19.jpg

これこそが、皮膚からにおう出口のひとつ。汗の中にいろいろな食べ物のにおい成分が溶け出していたんですね。

この「皮膚ガス」は全身から出ているのだそうです。

津田さんによると、人間は水蒸気のベールで覆われている状態。出てくる水分には、栄養や食べたものが入っています。他の動物と同じように、人間もまたにおう存在なのです。

NHKオンデマンド

Page Top